カリキュラム

広い視野から音楽性を磨く、多様な授業



1. 個人レッスン(週50分/2年間)

全学生を対象にした、2年間・毎週50分の個人レッスン。現役演奏家としても活躍する教員が、自身の音楽活動で培ってきたノウハウを伝授します。また、基本的に1人の教員が2年間通して指導するため、学生一人ひとりの個性や進度に合わせたレッスンが可能です。実技指導のみならず、学生との対話を通じて自発的な学びを促し、将来の進路を見据えたアドバイスも行います。

2. アンサンブル科目

ハーモニーの素晴らしさを体感するために、「ピアノアンサンブル」「器楽合奏」「ウィンド・アンサンブル」「フルート・オーケストラ」「声楽アンサンンブル」「合唱」と、各専門を生かすアンサンブル科目を用意しています。「ウィンド・アンサンブル」授業は、大学との単位互換科目となっており、大学生と短大生とが一緒に学び、「ウィンド・アンサンブル秋のコンサート」、「ウィンド・アンサンブル定期演奏会」でともにその成果を発表します。

3. 専門教育科目

音楽の基礎を身につけるために重要な「和声法」「ソルフェージュ」「楽曲分析」「作編曲法」などの音楽基礎科目はもちろん、「音楽史」「民族音楽学」など音楽性を深める研究系の科目もあり、目的に応じてカリキュラムを組み立てることができます。進度別にクラス編成を行っている授業もあり、進度の早い学生にはより高度な授業を、基礎が不十分な学生には補習授業も行っています。また、短期大学部では音楽療法士養成教育課程を設置していることから、選択科目として音楽療法関係の科目を履修することも可能です。

4. 共通科目

本学では、音楽性をより深く豊かにするために、一般教養科目を充実させています。さまざまな言語の文献を読んだり、外国歌曲の意味や発音を修得したり。さまざまな国の人々とコミュニケーションするために必要な語学にも力を入れています。

5. 音楽療法士養成教育課程

高齢化により福祉に関わる人材の需要が高まる中、音楽の力を福祉や医療に生かす音楽療法の注目度が増しています。短期大学部では音楽療法を体系的に学べるカリキュラムを設置。介護福祉施設等での実習も含め所定の単位を取得すると「全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士(2種)」の資格が得られます。

6. 長期履修学生制度

本学では、2015年度より長期履修学生制度を導入しています。仕事や家事と両立しながら学びたい学生などを対象に、個人の事情に応じて2年の修業年限を超えて3年で学位等を取得できる制度です。

独自のサポート制度  より充実した学びのために

1. 初年次プログラム

いち早く大学生活に慣れ、学習面から生活面に至るまでスムーズに適応できるようにサポートする、全新入生を対象にした教育プログラムを用意。オムニバス形式の講義では、卒業後の人生を見据えてキャリア・プランを立て、それぞれの目標に向けて計画的な学生生活を送れるよう指導します。

2. プレイング・アドバイザー制度

現役の演奏家として、またプロのオーケストラ等で活躍する担当教員が、各種合奏の授業において学生と一緒に演奏することで、教育効果を高めます。学生は、技術的な指導を受けながら、演奏上の微妙なニュアンスなども直接その場で学ぶことができます。

3. キャリア・アドバイザー制度

卒業後の進路のスペシャリストである「キャリア・アドバイザー」が、演奏家、教員・指導者、一般企業への就職、3年次編入など、それぞれの希望の進路に合わせ、目標達成に向けた具体的な行動を指導、サポートします。

4. 豊富な演奏体験

豊富な演奏体験

キャンパスに隣接する石橋メモリアルホールで行う「学内演奏会」「ウィンド・アンサンブル秋の演奏会」「定期演奏会」「ウィンド・アンサンブル定期演奏会」や学外演奏会など、本番の舞台で演奏経験を積める機会を提供しています。また、前期演奏試験、後期演奏試験、卒業演奏試験を通じ、ステージ・マナーなど演奏家としての基本スキルも身につけます。

Page Top
友だち追加数