上野学園大学短期大学部で学ぶ 7つの理由

社会人入試から吹奏楽部・合唱部推薦まで
1. 多様な入試制度

「学びたい」。その気持ちに、年齢や環境は関係ありません!短期大学部では、2015年度からAO入試に「社会人入試」を新設しました。さらに昨年度より特待生制度も増えました。ほかにも、「吹奏楽部推薦」や「合唱部推薦」など多彩な入試制度で、音楽を学びたいすべての人の熱い意欲を応援します。

社会人入試 (AO入試)

音楽の専門教育を希望する意欲旺盛な社会人の方に広く門戸を開くことを目的とした、社会人が対象のAO入試です。
レッスン形式による専門実技の予備診断と、作文と面接による選考のため、音楽理論やソルフェージュなどの音楽的な基礎知識を身につける機会がなかった方も応募しやすい試験内容です。また、「長期履修学生制度」を利用することで、入学後は仕事や家事とバランスを取りながら、無理なく学習を進めることができます。

入試日程詳細

その他の入試制度

AO入試
本学と受験者が相互理解を深めながら行う入試方式で予備診断と最終試験を実施します。第1回から第5回の日程があり、6月から3月まで申し込みを受け付けています。最終試験当日も予備診断を実施しています。

AO入試(特待生型)
成績優秀な合格者に奨学金(授業料年額・半額等の免除)が授与される入試方式です。

指定校推薦入試
本学が指定する高等学校長の推薦が受けられ、規定の出願資格を満たし、本学を専願とする志願者が出願できる入試方式です(特待生制度あり)。

吹奏楽部推薦入試
高校の部活動での活動を積極的に評価する推薦入試制度。吹奏楽コンクール出場後からでも受験準備が間に合うよう配慮しています。

合唱部推薦入試
高校の部活動での活動を積極的に評価する推薦入試制度。合唱コンクール出場後からでも声楽専門を目指せます。

選抜入試
一般的な入試方法です。本学では、日程A、日程Bの2回実施します(特待生制度あり)。

入試制度の詳細はこちら

仕事や家庭と両立して学べる
2. 長期履修学生制度

仕事や家庭を持っている方にも、無理なく学べる機会を提供したい。そんな思いから、短期大学部では通常2年間の修業年限を3年間に延長して学ぶことができる新しい制度を、2015年度より導入しました。 その名も「長期履修学生制度」。出願時に申請すれば、どの入試方式でも利用することができます。

2年分の学費で3年間在籍。
週3日程度の通学で、
短大を卒業できる制度です。

修業期間中の年間学納金等は、通常(修業年限2年)の学生が卒業までに納入する総額を修業年限(3年)で割った額。
在籍期間が1年増えるからといって、余計な費用はかかりません。通常は2年で納める費用を3年かけて納めることになるので、年単位での経済的な負担も軽減できます。

3年間の授業料納付イメージ
(2015年度参考金額)
入学金 200,000円
授業料 1年目 740,000円
授業料 2年目 730,000円
授業料 3年目 730,000円
※その他、施設設備資金、一般維持費、諸会費などが必要となります。

音楽療法が人気です
3. 短大で取れる資格

資格は将来の可能性を広げてくれます。短期大学部では、就職に役立つのはもちろん、音楽的視野も広がる資格を取得できるカリキュラムを、独自に用意しています。

音楽療法士養成教育課程

乳幼児から高齢者まで、心身にさまざまな病気や障害を持つ人を対象に、音楽を通じてコミュニケーションを図り、健康の回復をサポートする音楽療法士の仕事。福祉に携わる人材の需要が高まっている今、「福祉」と「音楽」という要素を兼ね備えた音楽療法士に、興味を持つ学生が増えています。
※上野学園大学では履修できない、短期大学部独自のカリキュラムです。

資格について
短期大学部では、全国音楽療法士養成協議会のカリキュラムに則した授業を履修し、単位を取得することで「全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士(2種)」の称号を受けることができます。

将来について
音楽療法士は、増加傾向にある福祉分野での就職を目指すのに有利な資格です。実際に本学でも、医療や福祉関係施設に就職する学生が増えています。

教職課程

所定の科目の単位を修得することで、卒業時に「中学校教諭二種免許状(音楽)」を取得できます。また本学では、教員志望者向けの就職支援も充実しています。

社会での即戦力を目指す
4. 濃密な2年間

短期大学部は、1学年50人の少人数制。一人ひとりへの親身なサポートで、とても充実した2年間をお約束します。 全学生が対象の個人レッスン(週50分/2年間)では、各学生の個性や進度に応じた指導を行っています。また、音楽理論系の科目でも進度別のクラス編成を行っている授業があります。
こういったきめ細やかなサポートによって、入学時には基礎に不安があった学生も、2年後には見違えるほどの実力を身につけることができます。また、学内外での多数の演奏会や実技試験など、本物の舞台に上がる機会も豊富。人前に立つ度胸も身につきます。

上野学園 石橋メモリアルホール
国内外の演奏家からも熱い支持を集める、都内有数の音響を誇るホール。その「本物」の環境で、定期演奏会や実技試験を行えるのも、本学の大きな魅力の一つです。

優れた指導者が細やかにサポート
5. 多彩な教授陣

指導力に定評があり、現役演奏家としても活躍している教授陣が、少人数制のメリットを生かして細やかに指導に当たります。大学との連携も万全です。

米川幸余

米川幸余 准教授 (ピアノ)
よりよい演奏を目指して突き詰めてゆくこと、思いつく限りのさまざまなやり方を探ってみること、その作業によって物事の本質が見えてきます。ひとつのことに打ち込める時間は素晴らしい「恵みの時」です。短大で2年間を輝かせてください。

彦坂眞一郎

彦坂眞一郎 教授 (サクソフォン)
上野学園大学短期大学部でサクソフォンを学ぶ場合、3人の指導者から学ぶことになります。他校と違い、門下が分かれることなく奏法や音楽性を共有でき、客観性を養うことにつながります。そこから本当の個性が生まれ、育ってゆくのです。

細谷美直

細谷美直 准教授 (声楽)
声楽は、そのひとそのもの。レッスンでは個々の「声」に合ったきめ細かい指導をしていきます。短大卒業後は、3年次編入や早期留学、あるいは一般企業への就職など幅広い可能性を見出す貴重な2年間となることでしょう!

中山晶世

中山晶世 講師 (音楽療法)
本学の音楽療法士養成教育課程は、各専門技術を学びながら、音楽療法士の資格を取得できます。卒業後は福祉関係施設や音楽教室などに就職する学生が増え、活躍しています。ここで学んだことは、今後社会や家庭でも大いに生かすことができます。

学費は大学の半分以下
6. リーズナブルに学べる

音大に進みたいけれど、経済的な不安がある......という方は少なくありません。短期大学部は修業年限が2年間だからこそ、大学と比べて学費がリーズナブル。また、奨学金や特待生制度の利用も可能です。経済的理由で音大進学を諦めかけている方こそ、短大を視野に入れてみませんか?

学費

奨学金
学内の遠隔地出身学生支援奨学金(給付)のほか、日本学生支援機構奨学金(貸与)、地方公共団体奨学金(給付/貸与)、民間団体奨学金(給付/貸与)など、学外の奨学金制度も利用できます。

特待生制度
AO入試(特待生型)・指定校推薦(特待生型)・選抜入試の合格者のうち成績優秀者が対象。特待生S(原則1名以内)1年次の授業料年額免除、特待生A(原則2名以内)1年次の授業料年額の半額免除、特待生B(原則3名以内)1年次の授業料30万円免除、特待生C(評価の範囲内)入学金免除。

「進学」も「就職」も
7. 自由度の高い進路選択

「進学」と「就職」は、短大生にとっての2大進路。実践的に学びながら、その先の多様な進路を考えることができるのは、短大の大きなメリットです。4年後の自分を想像するのは難しくても、2年先の自分に思いを馳せることなら、できそうな気がしませんか?

進学するなら

上野学園では、短大での学びを経てさらに音楽を追究したいという意欲ある学生に向けて、専攻科への進学や、大学への3年次編入など、充実した学びの機会を提供しています。

上野学園大学短期大学部 専攻科 音楽専攻
実技においても理論においても、より高度な学びを実践。短期大学部の卒業者は、面接のみで進学することができます。
(修業年限:1年/定員:10名/募集専門:ピアノ専門、器楽専門、声楽専門)

上野学園大学 第3年次編入 (学内推薦)
本大学3年次編入のための推薦制度を設けています。また編入後、器楽コースから演奏家コースへの転コースも可能です。
(定員:10名/募集コース:器楽コース、声楽コース、グローバル教養コース)

就職するなら

キャリア支援センターでは、在学中からキャリア意識を育むさまざまなサポートや、一人ひとりが希望の進路を叶えられるよう、細やかな就職支援を行っています。社会に出るまでの期間が短い短大生。その特性に合わせ、キャリアガイダンスや個人面談なども最適なタイミング・内容で行っています。

上野学園大学短期大学部は、就職希望者の高い内定率が自慢です。

2014・2015・2016年度連続で
一般企業内定率 100%

Page Top
友だち追加数