2017/10/8オープンキャンパスレポート

10/8 オープンキャンパスレポート

10/8(日)に開催された上野学園大学・上野学園大学短期大学部の
オープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 ピアノ:今野尚美 准教授

受講生:丸山果音(器楽コース2年)
受講曲:M.ラヴェル作曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」
受講生:能村礼子(演奏家コース1年)
受講曲:R.シューマン作曲「ウィーンの謝肉祭の道化 第1曲 アレグロ」

レッスン公開 フルート:飯島和久 教授

受講生:渡辺有美(短大2年)
受講曲:G.ユー作曲「ファンタジー」

声楽グループレッスン体験 声楽:庄智子 専任講師

曲目:成田為三作曲「浜辺の歌」

大学 スペシャルコンサート

短期大学部 スペシャルコンサート

短大 体験授業「音楽療法」

第6回目「発達障害児、高齢者の音楽療法」
中山晶世 専任講師

講師コメント 10月8日のオープンキャンパスは、15名の方が参加されました。その中にはお母様とお嬢様、お母様と息子さん、社会人入学を考えていらっしゃる方、学生さんだけなど様々な方が熱心に聴いてくださいました。資料としまして、「本学で作成した音楽療法養成教育課程」のパンフレットを配布し、説明いたしました。
当日のテーマが「児童・高齢者の音楽療法」でしたので、まず各領域の音楽療法について説明した後、「自閉症児の音楽療法」のDVDを見ていただきました。DVDで見て頂きながら、音楽療法活動の内容と目的、児童の様子、音楽の使い方などについて説明しました。その後、本学短期大学部の音楽療法履修と資格、また2年間の授業内容と実習について説明しました。
卒業後に関しては、就職希望の学生は本学のキャリアセンターで就職先の紹介や面接指導によって、自分が求めている就職先を探すことが出来るようになってきたこと、授業や実習で音楽療法を学んだことを活かせる就職先を求める学生も多くなってきていることをお伝えしました。
最後に楽器体験としてトーンチャイムとツリーチャイム(ウィンドチャイム)の合奏を行ないました。トーンチャイムを初めて演奏する方も多く、興味深そうにまた楽しそうに演奏されていらっしゃいました。
終了後、2組の方が質問に残られ、入学後の心配などについてご質問がありましたが、皆さん音楽療法への興味と意欲を感じ、是非入学して頂きたいと思いました。

その他

次回のオープンキャンパスは11/26(日)です。
オープンキャンパストップ
Page Top
友だち追加数