【オープンキャンパス特別企画】 石橋メモリアルホールで演奏してみよう!!

オープンキャンパス特別企画
石橋メモリアルホールで演奏してみよう!!

来る5月4日(日)のオープンキャンパスでは、特別企画「石橋メモリアルホールで演奏してみよう!!」を行います。日頃からコンクール出場や音楽大学進学を目指して練習や勉強に励んでいるみなさんに、 上野学園 石橋メモリアルホールでの演奏の機会をご用意し、ホールの優れた音響を味わっていただこうというものです。

 本学の教育の場であると同時に、国内外から一流の演奏家たちが集う日本有数の音楽ホールでもある、「石橋メモリアルホール」。このすばらしい空間を、みなさん自身の目と耳とからだ全体で、「体感」してみませんか?

◎受け継がれる名演奏の「記憶」
石橋メモリアルホールは、1974年に誕生しました。開館当時は、まだ都内でも数の少なかった室内楽、リサイタル用ホールとして、その豊かでクリアな音響が大きな話題となりました。それ以来、日本有数の音楽ホールとして、ケンブリッジ大学キングズ・カレッジ合唱隊、同トリニティ・カレッジ合唱隊、アーノンクールとウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、ザ・コンソート・オブ・ミュージック、グスタフ・レオンハルト、イヨルク・デームス、バドゥラ・スコダ、ハンス・カン、ブルーノ・カニーノ、松浦豊明、江藤俊哉など、数多くの名演奏家たちが、このホールで「記憶」に残る名演奏を繰り広げてきました。2010年には、新ホールが落成。音響のすばらしさはそのままに、装いもあらたに生まれ変わった新ホールでは、現在も、国内外の演奏家による演奏会や講演会など、多彩なプログラムが開催されています。

◎教育の場として、未来へとつながる挑戦の場として
 石橋メモリアルホールは、本学園の講堂として、上野学園中学校、同高等学校、上野学園大学短期大学部、上野学園大学の教育の場でもあります。ホールでは、各試験が行われるほか、オーケストラ、合唱、ウィンド・アンサンブルの定期演奏会を始め、演奏家コース演奏会、卒業演奏会など、大学主催のさまざまな演奏会が開かれています。これらの多様な機会を通じて、すべての演奏系学生がホールでの演奏を体験し、演奏家として欠くことのできない実践的な演奏技術や舞台での感覚を養っていきます。  石橋メモリアルホールはまた、地域との大切なコミュニケーションの場であり、音楽に携わる若者の育成の場でもあります。元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者のマイケル・スペンサー氏による「音楽ファシリテーター養成講座」を始めとして、音楽と人を結ぶ先進的な試みにも、意欲的に取り組んでいます。

うた工房.jpg

教員と学生のコラボレーションによるコンサート・シリーズ1
『時をこえて、M&M ~モーツァルトとメノッティによるオペラの世界~』
ファシリテータ‐養成講座

マイケル・スペンサーによる
「ファシリテーター養成講座」

実施概要
【開催時間】13:00~17:00まで
※演奏時間はお一人様8分以内。
※事前お申し込み不要、先着順にてご希望の時間をお選び頂けます。

【演奏可能楽器】ピアノはホール設置のものをお使い下さい。その他の楽器の場合は、ご自身で持参してください。(アンサンブル等も可)
【申込方法】5月4日オープンキャンパス当日、受付にて申し込み(先着順)
 

この記事に関するお問い合わせは 入試センター (03-3842-1024) まで

Page Top
友だち追加数