森田信一

森田信一
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科・上野学園大学短期大学部音楽科
職位/役職特任教授
氏名(ローマ字)森田信一 (Morita Shinichi)
専門音楽教育、作曲
担当科目 ■大学
音楽科教育法Ⅰ
■短期大学部
音楽教科教育法、教育史、音響学、教育方法論
略歴(学歴・取得学位・職歴) 東京理科大学(理学士)
東京学芸大学大学院(教育学修士)
昭和58年~平成3年 尚美学園短期大学講師、助教授
平成3年~平成12年 十文字学園大学助教授、教授
平成12年~平成26年 富山大学教授
平成27年〜 上野学園大学短期大学部特任教授(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 日本音楽教育学会会員、社団法人日本作曲家協議会会員、日本ポピュラー音楽学会会員、音楽教育史学会会員、音楽学習学会会員、先端芸術音楽創作学会会員
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■演奏会(作品)
平成24年 電子音響音楽《nanohana》(コンテンポラリー・コンピュータ・ミュージック・コンサート2012)
平成24年 電子音響音楽《nobara》(富士電子音響芸術祭)
平成25年 電子音響音楽《hanashobu》(コンテンポラリー・コンピュータ・ミュージック・コンサート2013)
平成26年 電子音響音楽《hamanasu》(コンテンポラリー・コンピュータ・ミュージック・コンサート2014)
平成26年  電子音響音楽《himawari》(富士電子音響芸術祭)
平成27年 電子音響音楽《hyacinth》(コンテンポラリー・コンピュータ・ミュージック・コンサート2015)
平成27年  電子音響音楽《fuji》(富士電子音響芸術祭ANNEX)
平成28年 電子音響音楽《huyonazuna》(コンテンポラリー・コンピュータ・ミュージック・コンサート2016)
平成29年 電子音響音楽《freesia17ham》(コンテンポラリー・コンピュータ・ミュージック・コンサート2017)

■論文
平成21年 「日本における和声理論教育の歴史」(『音楽教育史研究』第11号)
平成22年 「音楽授業における長唄の導入の試み」(『音楽学習研究』第5巻)
平成22年 「音楽科における伝統音楽の教材化について」(富山大学人間発達科学部紀要第4巻第2号)
平成26年 「大学の授業におけるコンピュータ音楽の実践─Linux(ubuntu)環境を活用して─」(音楽教育実践ジャーナルVOl.11 no2)
指導方針 音楽教育の教育方法・授業の展開について実践的に行う。教育史では音楽に関連して教育の歴史を扱う。音響学では音楽演奏の際に必要な、楽器の発音の仕組み、音階と調律の原理、ホールの音響について扱う。

教職科目

森田信一

森田信一

(もりたしんいち)
特任教授
辻野具成

辻野具成

(つじのともなり)
講師
山田正子

山田正子

(やまだまさこ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数