中山晶世

中山晶世
学部/学科上野学園大学短期大学部音楽科
職位/役職講師
氏名(ローマ字)中山晶世 (Akiyo Nakayama)
専門音楽療法
担当科目音楽療法概論、音楽療法各論Ⅲ、音楽療法総合演習、音楽療法実習(事前指導)、音楽療法実習(事後指導)、音楽療法技法
略歴(学歴・取得学位・職歴) 筑波大学大学院(修士)
昭和62年~平成14年 調布市社会福祉協議会音楽療法士
平成13年~ 大泉学園町福祉園音楽療法講師(現在に至る)
平成13年~17年 洗足学園音楽大学非常勤講師
平成14年~ 上野学園大学短期大学部専任講師(現在に至る)
平成16年~ 日本福祉教育専門学校非常勤講師(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 平成10年  東京音楽療法協会理事(現在に至る)
平成13年  日本音楽療法学会評議員(現在に至る)
平成15年  日本音楽療法学会関東支部幹事(現在に至る)
平成18年  日本音楽心理学音楽療法懇話会役員(現在に至る)
平成28年  日本音楽療法学会理事
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■著作
「音楽療法士のためのABA入門~発達障害児への応用行動分析学アプローチ~」(共著 春秋社平成18年)

■論文
平成8年 「音楽療法場面における自閉症児のコミュ二ケーション行動の形成」
(『音楽療法研究』 臨床音楽療法協会創刊号)
平成10年 「注意持続欠陥障害児における障害児における姿勢の保持と音楽活動が及ぼす行動変容の検討」(『音楽療法研究』 臨床音楽療法協会第3巻)
平成12年 「重度・重複障害幼児の自発的行動に及ぼす音楽の影響」(『特殊教育学会』 日本特殊教育学会第37巻第5号)
平成21年 「日本の発達障害児・者を対象とした音楽療法関連文献の動向と推移Ⅱ」(『上野学園創立105周年記念論文集』)

■講演
平成19年9月28日「障害児の音楽療法~応用行動分析学(ABA)のアプローチを用いた音楽療法~」(日本重症心身障害学会)
平成24年11月24日「セッションを進める時の重要なポイントを考えましょう」(東京音楽療法協会講習会)
平成26年12月10日「音楽療法士の実践力を高める"音楽"以外のスキル」(日本音楽心理学音楽療法懇話会)
平成28年4月3日「セッションにおける言葉でのコミュ二ケーション~自閉症児の言葉でのコミュ二ケーション~」(東京音楽療法協会スキルアップ講座)
平成29年1月23日「音楽を通じて育つ力」(江東区公立保育園研究会)
指導方針 音楽療法の臨床において重要なのは、いかにクライエントを知るかということです。クライエントを知ることによって使用する音楽(既成音楽・即興音楽)、音楽の使い方(テンポ・強弱・音域・伴奏の仕方・ハーモニー・リズム等)・活動内容、対応の仕方が決まります。さらに重要なのはクライエントと向かい合っている自分を知ることです。授業及び実習の中でも、各領域の音楽療法に関する知識を持つだけでなく、クライエントを知る洞察力、自分を知る努力が必要であることを常に述べています。

音楽療法科目

貫 行子

貫 行子

(ぬきみちこ)
客員教授
中山晶世

中山晶世

(なかやまあきよ)
講師
二俣泉

二俣泉

(ふたまたいずみ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数