佐藤亮子

佐藤亮子
学部/学科上野学園大学短期大学部
職位/役職非常勤講師
氏名(ローマ字)佐藤亮子 (Sato Ryoko)
専門作曲(音楽理論)
担当科目和声法ⅠA、和声法ⅡA
略歴(学歴・取得学位・職歴) 国立音楽大学(学士)
国立音楽大学大学院(修士)
平成17年~ 国立音楽大学附属高等学校非常勤講師(現在に至る)
平成19年~ 上野学園大学短期大学部非常勤講師(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 平成11年 第9回カワイクラシックオーディション伴奏部門優秀賞受賞
日本演奏連盟会員、日本作曲家協議会会員
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) 平成26年 女声合唱曲《女声合唱とピアノによる日本の歌 四季を綴る(編曲)》(レディース・コア翠定期演奏会/古賀政男音楽博物館けやきホール)
平成28年 女声合唱曲《女声合唱とピアノによる日本の歌 指揮を綴る(編曲)》(第9回アミーチ・デル・カント≒146/ミューザ川崎シンフォニーホール)
平成29年 女声合唱曲《女声合唱とピアノのための 放心の先には》(こーろ・えれがんつぁ 第12回定期演奏会/紀尾井ホール)
その他男声、女声、混声合唱曲等多数

■楽譜
平成22年 女声合唱曲《編:四季を綴る》より〈朧月夜〉(全日本合唱連盟刊行/女声合唱愛唱歌集「美しい日本の歌」うたのブーケ)
平成26年 《女声合唱とピアノによる日本の歌 四季を綴る(編曲)》(音楽之友社刊行)
平成29年 女声合唱曲《女声合唱とピアノのための 放心の先には》(音楽之友社刊行)
指導方針 和声を学習するメリットの一つに「読譜力の向上」が挙げられます。この場合「読譜力」とは、おもに楽譜を見て和音の移り変わりを瞬時に察知する、加えて特定の箇所である和音が使われている事の意味を正しく理解する力を指します。そうした能力を身に付けるにあたり、和声法における細かな指示を守る事が要求されますが、その積み重ねが和音や和声の使われ方を認識した上での演奏、表現へとつながるよう意識して授業を行っています。

音楽基礎科目

三宅康弘

三宅康弘

(みやけやすひろ)
准教授
佐藤亮子

佐藤亮子

(さとうりょうこ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数