講師紹介

上野学園大学・上野学園大学短期大学部の教員などが指導いたします。
その他の講師につきましては講師一覧をご参照ください。
一部
紹介

ピアノ
白井 雅子 先生

上野学園大学音楽学部器楽学科ピアノ専門卒業。同音楽専攻科修了。上野学園大学卒業時に石橋賞受賞。読売新人演奏会、第1 回学生オーケストラの祭典出演。ソロ、歌曲伴奏の演奏活動も行っている。

コメント

受験コ-スでは、各自の準備状況を踏まえながら、受験準備が十分に取り組めるように行っています。
また、受験の課題曲のみならず入学後のレッスンや実技試験に向けて、安心して取り組めるように選曲し、基礎演奏技術や楽典的な内容も取り入れたレッスンを行っています。 保護者や生徒と、「次は何をしていったら良いのか」「どのように弾いたら良いのか」など、常にコミュニケーションを取りながらサポ-トして、一人ひとりが向上心と自信を持って励んでいただけるように心掛けております。
私自身、上野学園中学校から上野学園大学音楽専攻科まで通いました。校風や教育環境の良い点は、今でも引き継がれております。 そして、素晴らしい先生方と友人に、沢山出会う事も出来ました。
音楽を通して様々な感動体験が出来る素晴らしい学園で、一緒に学びませんか?

ヴァイオリン
田久保 由美 先生

上野学園中学校音楽指導科、同高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専門卒業。ヴァイオリンを竹内茂、故 江藤俊哉の各氏に師事。大学在学中より、我孫子市民フィルハーモニー管弦楽団のコンサートミストレスを6年間務める。上野学園大学オーケストラ助手を経て、現在音楽教室講師として、後進の指導にあたっている。日本弦楽指導者協会正会員。

コメント

楽しく、正しく、をモットーにヴァイオリンの美しい音色を目指します。
日々の練習は、お子様の感性を育みながら我慢強さを身につけるチャンスです。また大人の方にとっては心豊かな世界の新たな発見になることと思います。

声楽
吉田 伸昭 先生

東京藝術大学、同大学院修了。ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学。二期会会員、東京室内歌劇場会員。

コメント

“歌うこと”は、私たちにとって最も身近で、自然な音楽表現です。喜び、悲しみといった感情を歌声に乗せて自由に表現できたらどんなに素晴らしいことでしょう。芸術の香りに溢れる上野の地で心豊かに感性を磨きながら、「声」という魅力的な楽器を使って音楽を奏でてみませんか!