学生支援組織表

組織/体制 機能
学生委員 学生から提出される手続き書類の確認や、生活に関する諸問題、学業問題、経済問題、健康、課外活動、進路、また休学・退学などの身上に関すること等の問題について、学生の良き相談相手となり、適切な助言を行います。
障害学生修学支援
  • 視覚障害・肢体不自由・発達障害等の障害があり、修学において支援を必要とする場合、学生支援課を通して、障害学生修学支援委員が相談に応じます。
  • 障害学生修学支援委員会は、該当する障害をもつ学生のための修学等の支援方策の実施計画を策定・査定し、障害をもつ学生が修学において不利益を受けないよう適切な対応を提言・実行します。
《主な支援措置》
移動介助/講義内容の録音許可/板書内容の撮影許可/講義概要の事前配布/試験における時間延長、別室受験/筆記試験の代替措置(口頭試問、レポート)
教育・学生支援委員(大学)
  • 学生一人ひとりが、有意義かつ充実した学生生活を送ることができるように、初年次教育カリキュラム、学生の大学生活支援計画等を検討しています。
  • ステューデント・サポーターズを配置し、教育・学生支援委員および学生委員と協力して、大学の授業の受け方という観点からのスタディ・スキル、および学生生活の過ごし方という観点からのライフ・スキルに関するグループ・ディスカッションを通して学生の意見を幅広く聴取する役割を担っています。
キャリア支援センター
  • 学生の総合的なキャリア支援を行っており、進路に関する情報提供の他、様々なガイダンスを開催しています。
  • キャリア支援センター委員や職員が、各学生の希望進路に応じた個別相談を随時行っています。
  • 原則1日あたり1人1時間の支援が受けられます。
《支援項目》
  • 就職活動に関する情報提供(求人資料閲覧/求人照会/合同企業説明会照会)
  • 個別就職指導(自己分析/応募書類添削/ビジネスマナー対策/面談対策)
  • 自主的な就職活動のサポート(就職サイト閲覧のためのパソコン使用/就職関連書籍の閲覧と貸出)
  • キャリア・カウンセリング(卒業後の進路に関する相談/就職活動に関する相談)
医務室
  • 看護師が、急病・怪我のケアにあたるほか、健康相談にも応じます。
  • 必要と判断される場合は、近隣の病院を紹介、または搬送します。
学生相談室
  • ストレスや様々な心の悩みに対して、心理学的な立場からカウンセラーがサポートします。
  • 学生生活の中で感じる疑問やハラスメント等の相談も受け付けます。
  • カウンセリングや心理療法を受けることもできます。
  • メールでも相談できます。また、英語でのカウンセリングも可能です。
Page Top
友だち追加数