音楽学科 器楽コース(オルガン・古楽の各専門)

ピアノ、弦・管・打楽器、そしてオルガン・古楽専門。優れた教育者による専門楽器教育を行う器楽コースでは、週60分の個人レッスンを通じて、演奏技術や表現力だけでなく、師弟関係の中で豊かな人間性も育みます。また本学の特色でもあるアンサンブル科目では、各専門のコース必修科目や、「オーケストラ」「ウィンド・アンサンブル」などの授業を通して、他者とのハーモニーの創出を学んでいきます。音楽に彩られた4年間は、卒業後もさまざまな場面で人生を豊かにしてくれる、宝となるでしょう。

コースの特色

多面的なカリキュラムで音楽性と人間性を磨く
演奏者としての技術力・表現力。そして、それらを磨くことで得られる知性・感性。その両輪を育む——音楽を核として社会に貢献できる、心豊かな人材の創出を目指します。

技術力・表現力を磨く週60分の個人レッスン

専門楽器の演奏技術と表現力を磨くために、週60分の個人レッスンを行います。個人レッスンは、優れた音楽家であり教育者である指導教員が、一人ひとりの学生に最も適した指導方法を見極め、その技術を教授し、また、それぞれの学生の特性を生かした表現方法への気づきを与えてくれます。専門性を極める中で培われる持久力や忍耐力、物事を追求する力、自立性は、将来多様な場面で大きな力となっていきます。

専門性と人間性を深める語学・教養・音楽学

その国の世界観や文化的背景を表す言語を学び、楽曲の時代性や背景と重ね合わせる。音楽とつながりの深い美学を学び、互いの芸術が共鳴していることを知る。音楽に惹かれる人間心理を探る。こうしたすべてが演奏、そして人間性を豊かにしてくれます。本学では「英語」をはじめ4言語の語学科目、10以上の教養科目、「日本音楽史」「音楽美学」「ファシリテーター概論」「音楽マネジメント」といったバラエティに富んだ音楽学科目を用意しています。

転コースも可能 器楽コースから演奏家コースへ

入学後、器楽コースから演奏家コースへの転コースを希望する学生のために、各学年末に「演奏家コース選考試験」を行っています。そこで合格基準に達することで転コースが可能に。学生それぞれが抱く将来像を大切にし、コース変更の機会を設けています。

器楽コース 必修科目

  • 西洋音楽史
  • 日本音楽史
  • 音楽美学
  • 特別講座
  • ソルフェージュ
  • 音楽理論
  • 楽式論
  • 卒業演習

オルガン・古楽専門

音楽を歴史の面からも探究し、豊かな音楽性を養う

教員メッセージ

西洋音楽の底流に触れ自分なりの音楽の解釈を見つけてほしい

"レコ勉"と呼ばれる、自分にとって初めての曲を手っ取り早く演奏できるようにする安易な方法があります。昔はレコード、今はCDやDVDを聞いて、そっくりそのまま真似してしまう方法です。楽譜は音程や音価を表した単なる記号ですから、"レコ勉"の方が考える手間も省けるし、楽には違いありませんが、果たしてそれが自分の演奏だと胸を張って言えるでしょうか。

私は、楽譜という記号の行間を読み取り、作曲された当時の演奏習慣や環境を知ることにより、自分なりの解釈で演奏できるような音楽家を育てたいと考えています。たとえ"自分なりの解釈"が学生時代には稚拙なものであったとしても、そういう地道な勉強法を身につけておくと、将来経験を重ねることによって味のある演奏ができるようになり、また、聴き手としても、より深く音楽を理解することができると思います。

自分の専門楽器以外に、西洋音楽の底流にあるオルガンや古楽器に直に触れられる本学は、まさにそういった勉強に適した学びの場と言えます。

オルガン・古楽部会 主任小林英之 教授

オルガン・古楽専門の特色

日本の古楽界をリードする最高の環境で学ぶ古楽の魅力

近年、オーケストラやモダン楽器の演奏家たちからも注目を集めている古楽。本学は、昭和38(1963)年に国内の音楽大学として初めて古楽器の専攻を設置。以来、国内外で活躍する数多くの演奏家を輩出しています。日本におけるパイオニアとしての伝統に裏打ちされた最高の環境の中で、古楽器の魅力に存分に触れられます。

オルガンや古楽器が身近にある環境で楽器に直に触れ、実践的に学ぶ

週60分の個人レッスンや専門授業、学生個人の練習においても、本学所有のさまざまな古楽器(多種のリコーダー、チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、リュートなど)を使用し、実践的に学ぶことができます。また、オルガンの個人レッスンでは、校舎に隣接する石橋メモリアルホールのパイプオルガンを使用します。

室内楽の授業で他楽器への理解を深める

各専門楽器の学生がさまざまな組み合わせでユニットを組む室内楽の授業。時にはジャンルの垣根を越え、モダン楽器とのアンサンブルに挑戦することも。これらの授業を通じて、自分の専門外の楽器を理解し、どう調和させるかを学びます。

歴史や理論を学ぶことでより深みのある演奏を

理論を実践するという観点から、理論系の授業も充実しています。専門用語の基礎や、歴史的な演奏習慣を研究し、自分自身の演奏に役立てるなど、理論と実践を有機的に結びつけていきます。14~18世紀の鍵盤音楽史を概観し、現存する最古のものからJ.S.バッハの頃までの鍵盤音楽を中心に学ぶ「古楽研究(鍵盤音楽史)」、演奏と演奏習慣の歴史を学ぶ「古楽研究(古楽概説)」など特色ある授業があります。

コース必修科目

  • 専門実技
  • 古楽合奏
  • 通奏低音奏法(オルガン専門・チェンバロ専門)
  • オルガン演奏法(オルガン専門)
  • 副科ピアノ(ヴィオラ・ダ・ガンバ専門、リュート専門、リコーダー専門)
Page Top
友だち追加数