音楽学科 器楽コース(ピアノ専門)

ピアノ、弦・管・打楽器、そしてオルガン・古楽専門。優れた教育者による専門楽器教育を行う器楽コースでは、週60分の個人レッスンを通じて、演奏技術や表現力だけでなく、師弟関係の中で豊かな人間性も育みます。また本学の特色でもあるアンサンブル科目では、各専門のコース必修科目や、「オーケストラ」「ウィンド・アンサンブル」などの授業を通して、他者とのハーモニーの創出を学んでいきます。音楽に彩られた4年間は、卒業後もさまざまな場面で人生を豊かにしてくれる、宝となるでしょう。

コースの特色

多面的なカリキュラムで音楽性と人間性を磨く
演奏者としての技術力・表現力。そして、それらを磨くことで得られる知性・感性。その両輪を育む——音楽を核として社会に貢献できる、心豊かな人材の創出を目指します。

技術力・表現力を磨く週60分の個人レッスン

専門楽器の演奏技術と表現力を磨くために、週60分の個人レッスンを行います。個人レッスンは、優れた音楽家であり教育者である指導教員が、一人ひとりの学生に最も適した指導方法を見極め、その技術を教授し、また、それぞれの学生の特性を生かした表現方法への気づきを与えてくれます。専門性を極める中で培われる持久力や忍耐力、物事を追求する力、自立性は、将来多様な場面で大きな力となっていきます。

専門性と人間性を深める語学・教養・音楽学

その国の世界観や文化的背景を表す言語を学び、楽曲の時代性や背景と重ね合わせる。音楽とつながりの深い美学を学び、互いの芸術が共鳴していることを知る。音楽に惹かれる人間心理を探る。こうしたすべてが演奏、そして人間性を豊かにしてくれます。本学では「英語」をはじめ4言語の語学科目、10以上の教養科目、「日本音楽史」「音楽美学」「ファシリテーター概論」「音楽マネジメント」といったバラエティに富んだ音楽学科目を用意しています。

転コースも可能 器楽コースから演奏家コースへ

入学後、器楽コースから演奏家コースへの転コースを希望する学生のために、各学年末に「演奏家コース選考試験」を行っています。そこで合格基準に達することで転コースが可能に。学生それぞれが抱く将来像を大切にし、コース変更の機会を設けています。

器楽コース 必修科目

  • 西洋音楽史
  • 日本音楽史
  • 音楽美学
  • 特別講座
  • ソルフェージュ
  • 音楽理論
  • 楽式論
  • 卒業演習

ピアノ専門

演奏者のみならず、教育者・指導者としても必要な技術を身につける

教員メッセージ

生涯続く音楽人生の根幹となるかけがえのない時間に

音楽を勉強するということは、「どういう音で弾きたいのか」を探し続けることだとも言えます。そのために私たちはさまざまなことを学び、考え続けます。その過程には困難もあります。しかし、それを一つひとつ乗り越えていった先には、必ず一人ひとりにしか得られない世界が広がっているのだと思います。それは一生を通じて求め続けることですが、その中でも、どのような大学生活を過ごしたかはとても重要なことです。一人ひとりの気持ちに向き合い、皆さんが自分の足で歩いていくための、根幹となるようなレッスンをしていきたいと思っています。

ピアノ部会 主任山﨑紫乃 教授

ピアノ専門の特色

計画的な課題設定で学ぶ4年間

バロック時代から近現代まで幅広いレパートリーを題材に、楽曲形式や時代様式を体系的に学びながら技術を習得できるよう、1年次から4年次まで計画的な課題設定のもとで、個人レッスンを行います。また、3年次には学内演奏会で聴衆を前に演奏する機会を経験することで、演奏者としてのさらなる成長を促します。4年間の集大成は、公開の卒業演奏試験という形で発表します。

伴奏者としてのノウハウを身につける

ピアノの重要な役割の一つ、伴奏。さまざまな楽器や声楽との共演では、伴奏の良し悪しが、ソリストの演奏に大きく影響します。そこでピアノ専門学生には、伴奏者として必要な技術を学べる授業「ピアノ伴奏法」を用意。演奏試験等で他の楽器の伴奏を担当する機会もあり、授業での学びを実践に生かせます。

演奏者に欠かせない読譜力を養う

楽譜に込められた作曲者の意図やイメージを読み解く力は、演奏者にとって欠かせない技術です。ピアノ専門学生を対象とした「演奏法」では、ミハイル・カンディンスキー客員教授、渡邊順生客員教授という2名の現役演奏家から、読譜力を磨くための指導を直接受けることができます。

教育者・指導者になるためのテクニックを学ぶ

将来、ピアノ教育者・指導者になった時に必要となるテクニックを学ぶ「ピアノ教育法」。幼児から大人まで、目的も楽しみ方も異なるさまざまな人を指導する時に役立つカリキュラムです。中学校や高校の音楽教師、音楽教室のピアノ講師をめざす人に有用な、実践的な学びとなっています。

コース必修科目

  • 専門実技
  • アンサンブル
  • 伴奏法
  • 演奏法
Page Top
友だち追加数