2016/7/31オープンキャンパスレポート

7/31 オープンキャンパスレポート

7/31(日)に開催された上野学園大学のオープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 ピアノ:干野宜大 専任講師

受講生:池平仁史(演奏家コース4年)
受講曲:L.v.ベートーヴェン作曲「ピアノソナタ第21番 ワルトシュタイン」より 第1楽章

レッスン公開 トランペット:海保 泉 講師

受講生:村松みゆ(器楽コース2年)/伴奏:谷口愛奈(器楽コース2年)
受講曲:J.フンメル作曲「トランペット協奏曲 変ホ長調」より 第1楽章

レッスン公開 フルート:飯島和久 教授

受講生:毛見朱里(器楽専門1年)/伴奏:飯田 毅(ピアノ専門1年)
受講曲:P.ゴーベール作曲「ノクチュルヌとアレグロ・スケルツァンド」

ミニコンサート

大学 受験対策講座「ソルフェージュ(初級)」

佐怒賀悦子 教授
テーマ:「調号2つの長調(単旋律)8分の6拍子」

教授コメント 導入:
▼ラの音を歌う。
▼三和音の中の音に、声をピタッと溶け合わせる練習。
▼和音の種類を響きで聴き分ける。
▼B-durとD-dur のメロディーを真似して歌う

D-dur に親しむ:
▼D-durの音階を、しくみ(全音・半音、導音と主音等)を理解し感じながら歌う。さらにシークエンスで歌ったり、リズムパターンを加えて歌うなど。
▼D-dur の視唱の導入。
▼D-dur の書き取りの導入。

8分の6拍子に親しむ:
▼リズムの3要素(Time・Space・Energy)を意識しながら拍の分割を行うことによって、自然で正確で音楽的なリズム表現(リズム打ち・リズム読み)をする練習。
▼動きを採り入れた8分の6拍子(符点リズム、休符等も含む)の音楽的な表現。
▼リズムカードを用いたリズム聴音の導入。

今日のしあげ:
▼D-dur、8分の6拍子、4小節の単旋律聴音とその歌唱。

今回も、聴音の学習が初めての方、少し経験のある方、たくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。専門実技の向上がソルフェージュの一番の目的です。音楽をていねいに「聴く力」「表現する力」「読む力」「書く力」を、身につけていきましょう。クラリネットやサックスなど、移調楽器を勉強されている方は、自分の楽器を構えたときと、ピアノの旋律を聴くときのそれぞれの「ドレミ」の感覚を上手に使い分けできるように、徐々に経験を積んでいきましょう。 

短大 体験授業「音楽療法」

第4回目「音楽療法とは」
中山晶世 専任講師

講師コメント 7月31日のオープンキャンパスは、30名ほどが参加なさいました。ほとんどがお母様とお嬢様で、皆さん、熱心に聴いてくださいました。資料としまして、「本学で作成した音楽療法養成教育課程」と「全国養成協議会作成」のパンフレットを配布し、説明いたしました。
まず、音楽療法養成教育課程について、学年に沿って授業内容や実習のお話しし、資格の授与等に触れ、卒業後の最近の状況についてお話ししました。続きまして、各領域(発達障害・精神障害・高齢者)の音楽療法についての話しに続いて、「自閉症児の音楽療法」のDVDを見て頂きました。
実際のセッションの3場面を見ていただきまして、子どもの様子(子どもの発達に模倣が重要であること、達成感のある終わり方、子どもの表情や行動など)、また、音楽の役目、セラピストとピアノ担当者のあうんの呼吸などについて説明しました。参加者の皆さんも熱心にDVDを見て、説明を聴いてくださいました。DVDを見る際、機材の取り扱いの不備でなかなか画面が出ないハプニングがありましたが、参加者の方が手を貸してくださって無事見ることができました。本当に感謝いたします。
終了してから社会人入学を考えている方や高校生2年生から質問があり、音楽療法の学び方などについて説明しました。

次回のオープンキャンパスは8/28(日)です。
オープンキャンパストップ
Page Top
友だち追加数