2017/5/3オープンキャンパスレポート

5/3 オープンキャンパスレポート

5/3(水・祝)に開催された上野学園大学・上野学園大学短期大学部の
オープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 サクソフォン:彦坂眞一郎 教授  声楽:吉田伸昭 准教授

レッスン公開 ピアノ:干野宜大 准教授

受講生:今井比可里(演奏家コース3年)
受講曲:L.v.ベートーヴェン作曲「ピアノソナタ第30番 op.109より第1楽章」
受講生:逢坂夏帆(演奏家コース3年)
受講曲:F.ショパン作曲「バラード第4番 op.52」

短期大学部 ミニコンサート

大学 体験授業「オルガン・古楽専門&グローバル教養コース」

テーマ:「古楽?」
小林英之 教授(オルガン・古楽)×上尾信也 教授(音楽学)

短大 体験授業「音楽療法」

第2回目「資格とカリキュラム」
中山晶世 専任講師

講師コメント 5月3日のオープンキャンパスは、15名の方が参加されました。ほとんどがご家族とお嬢様で、熱心に聴いてくださいました。資料としまして、「本学で作成した音楽療法養成教育課程」と「全国養成協議会作成」のパンフレットを配布し、説明いたしました。
当日のテーマが「資格とカリキュラム」でしたので、児童領域・精神科領域・高齢者領域の音楽療法の簡単な説明の後、本学の音楽療法養成教育課程について詳しく説明いたしました。長期履修制度が導入されて今年度も何名か入学され、その中には音楽療法履修生も数名いらっしゃる事を説明しました。また、1年次後半より就職希望の学生が増え、最近の傾向として、音楽療法を視野に入れて就職先を選ぶ学生が増えていること、本学のキャリアセンターでの就職先の紹介や面接指導が充実していることもお話ししました。
その後、音楽療法の授業内容や実習について説明しました。特に「音楽療法事後指導」では、高齢者施設で学生による実習を行い、音楽療法の実際を体験したことによって卒業後の就職に音楽療法関連の就職先を考える学生がいることもお話ししました。
最後に楽器体験としてトーンチャイムとツリーチャイム(ウィンドチャイム)の合奏を行ないました。緊張して聴いてくださった親御さんにも笑顔が見られ、柔らかい表情でお帰りになりました。
終了後、1人に高校生が、認知症の高齢者の音楽療法について質問されました。認知症の方が昔の歌を歌い、その歌について回想するケースを紹介しました。

その他

次回のオープンキャンパスは6/18(日)です。
オープンキャンパストップ
Page Top
友だち追加数