2018/3/25オープンキャンパスレポート

2018/3/25
オープンキャンパスレポート

2018/3/25(日)に開催された上野学園大学・上野学園大学短期大学部の
オープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 ピアノ:山﨑紫乃 教授

受講生:宮田真央(演奏家コース3年)
受講曲:L.v.ベートーヴェン作曲「創作主題による32の変奏」

レッスン公開 サクソフォン:彦坂眞一郎 教授

受講生:彦坂僚太(演奏家コース2年)、橘陽菜乃(短大2年)、高村姫夏理(短大2年)、塙香菜(演奏家コース2年)
受講曲:R.クレリス作曲「かくれんぼ」

レッスン公開 声楽:庄智子 専任講師

受講生:西浦花恵(声楽コース1年)
受講曲:A.スカルラッティ作曲「すみれ」
受講生:宮田江梨花(演奏家コース3年)
受講曲:G.ドニゼッティ作曲「オペラ:シャモニーのリンダより」

大学 ミニ・コンサート

短期大学部 ミニ・コンサート

短大 体験授業「音楽療法」

第1回目「音楽療法とは」

中山晶世 専任講師

講師コメント 3月25日のオープンキャンパスは、24~5名の方が参加されました。今回はご家族や学生さん同士などの参加が多かったです。皆様熱心に聴いてくださいました。資料としまして、「本学で作成した音楽療法養成教育課程」のパンフレットを配布し、説明いたしました。
当日のテーマが「音楽療法とは」でしたので、まず各領域(発達障害・精神科・高齢者)の音楽療法について目的・活動内容・音楽療法の効果等を説明しました。その後、本学短期大学部の音楽療法履修と資格、また2年間の授業内容と実習について説明しました。
卒業後に関しては、就職希望の学生は本学のキャリアセンターで就職先の紹介や面接指導によって、自分が求めている就職先を探すことが出来るようになってきたこと、授業や実習で音楽療法を学んだことを活かせる就職先を求める学生も多くなってきていることをお伝えしました。また、音楽療法は、対象者の方に合わせるという特徴があり、これは音楽療法という職業に就かなくても、将来の仕事や家庭での人とのコミュニケーションに役立つことを強調してお伝えしました。
最後に楽器体験としてトーンチャイムとツリーチャイム(ウィンドチャイム)の合奏を行ないました。初めて演奏する方も多く、熱心に取り組んでいただきました。終了後、質問のために2組のご家族が残られました。2組とも共通として、将来何をやりたいか目指す目標をもってこのオープンキャンパスに参加されていることでした。その目標を実現させるために本校に入学していただき、目標達成に向かって頑張ってほしいと思いました。

その他

次回のオープンキャンパスは2018/4月29日(日・祝)です。
オープンキャンパストップ
Page Top
友だち追加数