井上美江子

井上美江子
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職客員教授
氏名(ローマ字)井上美江子 (Inoue Mieko)
専門ハープ
担当科目専門実技、ハープ・アンサンブル、オーケストラ
略歴(学歴・取得学位・職歴)桐朋学園大学(芸術学士)
桐朋学園大学研究科 修了
アメリカ・インディアナ大学 パフォーマー・ディプロマ
平成17年~ 桐朋学園大学非常勤講師(現在に至る)
平成20年~22年 上野学園大学非常勤講師
平成22年~ 上野学園大学客員教授(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞)昭和58年 マリア・コルチンスカ国際ハープコンクール 特別賞
平成4年 福井国際ハープ音楽賞コンクール 最優秀演奏賞
平成5年、平成11年 文化庁在外研修員(アメリカ派遣)
平成15年~ 草加国際ハープ・フェスティバル・コンクール役員
平成19年~ 日本ハープ協会理事(国際交流担当)
平成20年~ ワールド・ハープ・コングレス理事 平成26年 副会長に就任
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等)アール・レスピランのメンバー(現代音楽を初演、4枚のCDをリリース)
リール・クインテット主宰(多くの室内楽演奏会)
アメリカ留学中(平成5年~7年)に4回のリサイタル、多くの演奏会に出演。
平成7年、リサイタル(東京文化会館小ホール)以後、日本での演奏活動を再開、読売日本交響楽団を中心に、国内各地のオーケストラ、サイトウ・キネン・オーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー交響楽団の日本公演エキストラ出演など。独奏、室内楽、録音多数。
平成5年、8年、11年、17年、ワールド・ハープ・コングレスにて演奏、講義(コペンハーゲン、シアトル、プラハ、ダブリン)。
平成12年 ソロCD“Mieko Inoue THE HARP” リリース。
平成22年 トルコ・イスタンブールにて演奏、マスタークラス開催。
平成23年 バンクーバー交響楽団と協奏曲を共演
平成26年 フルート&ハープのCD「Symbiophony」リリース
指導方針ハープ実技においては、テクニックの向上はもちろんだが、自己表現の手段としての音楽をより豊かに、情熱を持って取り組み、演奏することに大きな喜びを感じてもらえるような指導を心がけている。ハープアンサンブル、オーケストラにおいては、複数の奏者と協同でひとつの音楽を作る上げることにより、音楽のみならず協調性の大切さを学び、力を合わせて物事を創り上げる喜びを通して、より大きな人格形成にも貢献できることを念頭に指導を行っている。

ハープ

井上美江子

井上美江子

(いのうえみえこ)
客員教授
Page Top
友だち追加数