野口博司

野口博司
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職非常勤講師
氏名(ローマ字)野口博司 (Noguchi Hiroshi)
専門フルート
担当科目専門実技、管楽合奏(木管A)、オーケストラ
略歴(学歴・取得学位・職歴) 東京藝術大学(芸術学士)
同大学院(芸術学修士)
昭和47年~平成25年3月 東京都交響楽団フルート奏者
昭和62年~平成15年 同楽団首席フルート奏者
平成5年~ 上野学園大学音楽学部非常勤講師(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 平成8年 第1回宮崎国際音楽祭に出演
平成18年 吹奏楽コンクール全国大会審査員
日本フルート協会代議員(旧理事)
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■演奏会
昭和50年 モーツァルト:フルート協奏曲第1番(渡辺暁雄指揮:東京藝大オーケストラ)
昭和55年 モーツァルト:フルート協奏曲第2番(佐藤功太郎指揮:東京都交響楽団)
平成14年 F. ドップラー:ハンガリー田園幻想曲管弦楽版(藤岡幸夫指揮:東京都交響楽団)
平成8年 フルートアンサンブル「ザ・ステップ」を組織し演奏活動、以来13回のコンサートを行い現在に至る。

■CD録音
「ザ・ステップ フルートコンサート」(モモンガレコード、平成14年)
「ザ・ステップ フルートコンサートⅡ」(ALMレコード、平成18年)
「ザ・ステップ フルートコンサートⅢ」(ALMレコード、平成22年)
指導方針 管楽合奏(木管A):木管楽器はいわゆる単音楽器であるため「アンサンブル」は必須事項である。また、同じ木管でも奏法が全く異なるため、それぞれの楽器の特徴をじかに理解しあえる貴重な授業である。与えられた課題(作品)への共通の認識と統一された語法(テンポ・リズム・イントネーションなど)をどのように見出していくか、大いにディスカッションさせながら作品へのアプローチを実践する。共同作業で作り上げていくアンサンブルの楽しさ、喜びにつなげられることを目的としたい。
オーケストラスタデイ:音大卒業するまでの間に、管打楽器専攻者として演奏会での頻度の高い管弦楽曲のうち、最低限経験と勉強法を重点的に指導している。室内楽とともに合奏の基礎をしっかり学び取ってもらう大事な授業と位置づけている。

フルート

三上明子

三上明子

(みかみあきこ)
教授
工藤重典

工藤重典

(くどうしげのり)
客員教授
野口龍

野口龍

(のぐちりゅう)
客員教授
荒川洋

荒川洋

(あらかわひろし)
非常勤講師
北川森央

北川森央

(きたがわもりお)
非常勤講師
段田尚子

段田尚子

(たんだなおこ)
非常勤講師
野口博司

野口博司

(のぐちひろし)
非常勤講師
安原三保子

安原三保子

(やすはらみほこ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数