小口恵司

小口恵司
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職非常勤講師
氏名(ローマ字)小口恵司 (Oguchi Keiji)
専門音響設計
担当科目音響理学2
略歴(学歴・取得学位・職歴) 九州芸術工科大学(芸術工学士)
九州芸術工科大学大学院(芸術工学修士)
九州芸術工科大学大学院(博士(芸術工学))
昭和55年 ㈱永田穂建築音響設計事務所(現㈱永田音響設計)に入社(現在に至る、取締役・プロジェクトチーフ)
平成22年~ 上野学園大学非常勤講師(現在に至る)
平成28年~ 東京工業大学特任教授(現在に至る)
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■論文
平成24年 Acoustical design of the new concert hall at Helsinki Music Centre, Helsinki Finland, Acoustics2012, Hong Kong
平成24年 「海外で出会った吸音仕上げ」,『日本騒音制御工学会』36(4)
平成25年 「海外で出会った音響内装仕上げ」, 日本音響学会建築音響研究会
平成26年 「東京藝大第6ホール改修工事における音響調整」,日本音響学会秋季研究発表会
平成27年 「数値シミュレーションに期待すること」, 日本音響学会秋季研究発表会
平成28年「内装仕上げの吸音性と意匠性」,騒音制御 40(3), 101-104, 2016-06, 日本騒音制御工学会
平成28年「北京・中央音楽学院 新音楽庁の音響設計」,日本音響学会秋季研究発表会
平成28年「ハルピン音楽庁の音響設計」,日本音響学会秋季研究発表会
平成29年「音響模型実験の数値シミュレーションへ置き換え可能性と課題」,騒音制御 41(1), 26-29, 2017-02, 日本騒音制御工学会

■著作
Halls For Music Performance: Another Two Decades Of Experience, 1982-200 (Acoustical Society of America, 2003)
Acoustical Design Of Theatres For Drama Performance: 1985-2010 (Acoustical Society of America, 2010)
「コンサートホールの科学 -形と音のハーモニー- (共著)」 (コロナ社、平成24年)
「特集[ホールの現在形]- 音響設計から - (GA Japan 132、平成27年)
指導方針 音響学は音楽・物理学・医学・心理学・工学など様々な分野が関わる複合的な学問です。本講では、音楽家や音楽に関わる方が活動の中で出会うに違いない音の諸知識について、実験・試聴も交えて解説します。具体的には、音の基本的な性質、音階と音律、耳と聴覚の仕組み、楽器と声、ホール・劇場、好ましくない音(騒音)や響きの調整方法、音響機器、環境音楽等を学び、ホール施設の見学も行います。

教養・基礎科目

石橋明佳

石橋明佳

(いしばしさやか)
教授
星野悦子

星野悦子

(ほしのえつこ)
特任教授
東儀秀樹

東儀秀樹

(とうぎひでき)
客員教授
牧野一泉

牧野一泉

(まきのかずみ)
客員教授
荒金幸子

荒金幸子

(あらがねゆきこ)
非常勤講師
岩村吉晃

岩村吉晃

(いわむらよしあき)
非常勤講師
上羅廣

上羅廣

(うえらひろし)
非常勤講師
小川彩子

小川彩子

(おがわあやこ)
非常勤講師
小口恵司

小口恵司

(おぐちけいじ)
非常勤講師
内藤俊人

内藤俊人

(ないとうとしひと)
非常勤講師
宮崎万壽夫

宮崎万壽夫

(みやざきますお)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数