11/27オープンキャンパスレポート

11/27 オープンキャンパスレポート

11/27(日)に開催された上野学園大学のオープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 ピアノ:安田正昭 准教授

受講生:藤丸夏帆(演奏家コース3年)
受講曲:R.シューマン作曲「交響的練習曲 op.13」

レッスン公開 フルート:段田尚子 講師

受講生:小玉結絵(演奏家コース3年)
受講曲:カーク=エラート・ジークフリート作曲「ソナタ・アパッショナータ op.140」

大学 ミニ・コンサート

短期大学部 ミニ・コンサート

短大 体験授業「音楽療法」

第7回目「音楽療法とは」
中山晶世 専任講師

講師コメント 11月27日のオープンキャンパスは、始めは3名でしたが、途中から4名が参加されました。その中には前回お母様が参加され、「次回は音楽療法に興味をもっている娘を連れてきます(当日はご都合で参加できなかったそうです)」とおっしゃっていた方で、娘さん3人と一緒に参加されました。また、音楽療法に興味を持っている3年生の声楽科の学生も参加し、活発に発言して、場を明るくしてくださいました。
資料としまして、「本学で作成した音楽療法養成教育課程」と「全国養成協議会作成」のパンフレットを配布し、説明いたしました。
当日のテーマが「児童・高齢者の音楽療法」でしたので、児童領域・精神科領域・高齢者領域の説明をしたあと、自閉症の男の子のビデオを見ていただきました。このビデオは前回見られなかったので、次回は持って来ますとお約束したもので、先ほどのお母様も3人の娘さんも熱心に見ていらっしゃいました。バックで流れたピアノについては、3年生の学生が、テンポの変化や音域について的確に答えてくれました。皆さん、たいへん興味をもたれた様子でした。
その後、全国音楽療法養成協議会認定音楽療法士2種取得について説明し、また、学年に沿って授業内容や実習のお話しをしました。特に卒業後の最近の状況については頷きながら聴いてくださいました。
最後にトーンチャイムとツリーチャイム(ウィンドチャイム)の合奏を行ない、楽器の音の重なりなどを楽しんでいただきました。
終了後、お母様と3人の娘さん、そして3年生の学生や、その日のオープンキャンパスの案内役だった3年生(短大から編入した学生)も交えて、学生生活や授業のこと、先生方の指導などについての話題になり、4人の方々から「きょう参加できて良かった」との感想をいただきました。特にお母様が社会人入学についても興味を持たれたようでした。

次回のオープンキャンパスは来春3/26(日)です。
オープンキャンパストップ
Page Top
友だち追加数