2017/7/30オープンキャンパスレポート

7/30 オープンキャンパスレポート

7/30(日)に開催された上野学園大学・上野学園大学短期大学部の
オープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 ピアノ:星子知美 准教授

受講生:中山修伍(演奏家コース4年)
受講曲:L..v.ベートヴェン作曲「ピアノソナタ 第28番 第1楽章」
受講生:肥後莉々香(演奏家コース1年)
受講曲:C.ドビュッシー作曲「映像 第1集より 水の反映」

レッスン公開 クラリネット:荒井伸一 准教授

受講生:粟飯原大介(器楽コース1年)
小林萌(器楽コース1年)
風間美緒(演奏家コース1年)
受講曲:W.A.モーツァルト作曲「ディベルティメント 第1番」
受講生:野宮奈瑠実(演奏家コース4年)
受講曲:W.A.モーツァルト作曲「クラリネット協奏曲 第1楽章」

レッスン公開 声楽:庄智子 専任講師

受講生:西浦花恵(声楽コース1年)
受講曲:G.B.ボノンチーニ作曲「お前を讃える栄光のために」
受講生:神之浦真水(声楽コース1年)
受講曲:G.F.ヘンデル作曲「私を泣かせてください」

大学 スペシャルコンサート

短期大学部 スペシャルコンサート

短大 体験授業「音楽療法」

第4回目「音楽療法とは」
中山晶世 専任講師

講師コメント 7月30日のオープンキャンパスは、約20名の方が参加されました。その中にはお母様とお嬢様、お姉さまと妹さん、ご家族3人など様々な方が熱心に聴いてくださいました。 資料としまして、「本学で作成した音楽療法養成教育課程」と「全国養成協議会作成」のパンフレットを配布し、説明いたしました。
当日のテーマが「音楽療法とは」でしたので、児童の音楽療法・精神科の音楽療法・高齢者の音楽療法をお話ししてから、それぞれの領域の音楽療法が何を目指しているのか、また、音楽療法の効果についてお話ししました。
その日は在学生(1年生・音楽療法履修生)が担当として同室していましたので、実際授業を受けての感想などの生の声を話してもらいました。
そのあと、授業内容や実習について説明し、卒業後に関しては、1年次後半より考えるようになり、就職希望の学生は本学のキャリアセンターでの就職先の紹介や面接指導によって、自分が求めている就職先を探すことが出来るようになってきたこと、授業や実習で音楽療法を学んだことを活かせる就職先を求める学生も多くなってきていることをお伝えしました。特に2年生の前期に「音楽療法事後指導」で行われる高齢者施設の学生による実習で、音楽療法の実際を体験したことによって卒業後の就職に音楽療法関連の就職先を考える学生が増えていることもお話ししました。特にお母様方が頷きながら聴いてくださったことが私にとって勇気づけられました。
最後に楽器体験としてトーンチャイムとツリーチャイム(ウィンドチャイム)の合奏を行ないました。人数が多かったのでトーンチャイムの響きも大きく素晴らしい演奏でした。
終了後、本学に入学して音楽療法を学びたいという方や妹思いのお姉さまが授業について熱心に質問してきました。

その他

次回のオープンキャンパスは8/27(日)です。
オープンキャンパストップ
Page Top
友だち追加数