2018/11/25オープンキャンパスレポート

2018/11/25
オープンキャンパスレポート

11/25(日)に開催された上野学園大学・上野学園大学短期大学部の
オープンキャンパスの様子をご紹介します!

レッスン公開 ピアノ:安田正昭 准教授

受講生:コジャ美奈(演奏家コース2年)
受講曲:F.ショパン作曲「練習曲 op.10-12 革命」
H.デュティユー作曲「ピアノソナタより第3楽章 コラールと変奏曲」

レッスン公開 声楽:庄智子 専任講師

受講生:塚原樹(声楽コース4年)
受講曲:W.A.モーツァルト作曲「コシ・ファン・トゥッテより 岩のように動かず」

大学 ミニ・コンサート

短期大学部 ミニ・コンサート

短大 体験授業「音楽療法」

第7回目「音楽療法とは」
中山晶世 専任講師

講師コメント 11月25日のオープンキャンパスの参加者は10名程でした。親御さんと一緒の高校生が多かったです。皆さん、熱心に聴いてくださいました。 当日のテーマが「音楽療法とは」ということでしたので、まず資料の「音楽療法養成教育課程」のパンフレットを配布し、「音楽療法とは」及び発達障害児・高齢者・精神科の各領域での音楽療法の目的をお話しました。続いて2年間の授業内容・実習そして資格(全国音楽療法協議会認定音楽療法2種)について説明しました。ちょうど担当の学生があと1ヶ月で2年間の音楽療法の授業が終わる2年生の学生だったため、1年生の時の授業の様子、そして2年生になって行なった8回に亘る高齢者施設での実習で学んだ事、難しかったことについて話してもらいました。続いて卒業後についてでは、その学生は卒業後、介護施設に就職し、音楽療法をする予定と話していました。学生の話しは実感が伴っていていろいろな情報を皆様に発信したように思いました。
最後に楽器体験としてトーンチャイムとツリーチャイム(ウィンドチャイム)の合奏を行ないました。参加者皆さんでトーンチャイムとツリーチャイムの音を味わいながら演奏し、なごやかな雰囲気で終了しました。
終了後、社会人入学を考えていらっしゃる方が質問に残られて、授業は大変ではないか、専門の勉強もし、一般授業や音楽療法の授業や実習の準備などが出来るか心配していらっしゃいましたので、上記の学生が2年間の経験を話してあげていました。

その他

次回のオープンキャンパスは2019年3月24日(日)です。
オープンキャンパストップ
Page Top