貫 行子

貫 行子
学部/学科上野学園大学短期大学部音楽科
職位/役職客員教授
氏名(ローマ字)貫 行子 (Nuki Michiko)
専門音楽療法、音楽心理学
担当科目音楽療法各論Ⅱ
略歴(学歴・取得学位・職歴) 東京藝術大学音楽学部楽理科(芸術学士)・芸術心理学研究室助手
カンザス大学大学院音楽療法学科
コロラド州立大学大学院音楽療法部門生物医学研修センター研修
昭和46年~平成3年 筑波大学講師
昭和54年~平成11年 金沢大学教育学部・大学院講師
昭和63年~平成9年 上越教育大学・大学院講師
平成2年 バイオミュージック研究所所長
平成2年~21年 日本大学芸術学部講師
平成9年~ 国際音楽療法専門学院講師(現在に至る)
平成13年~24年 仁愛女子短期大学客員教授
平成16年~24年 金城学院大学人間科学部講師
平成12年~ 上野学園大学講師、20年~ 客員教授(現在に至る) 
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 昭和35年~ 日本音楽学会会員
1983年~ American Music Therapy Association(アメリカ音楽療法協会)正会員
平成2年~ 特別養護老人ホームやデイサービスで高齢者音楽療法を実践中
平成7年~ 日本音楽心理学音楽療法懇話会・会長(運営、講演、研究年報編集)
平成12年~ 日本音楽知覚認知学会正会員
平成12年~ 日本音楽療法学会評議員・研究発表多数
平成26年~ 日本音楽医療研究会正会員
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■訳書
・J. Alvin『音楽療法』、1969
・R. Shuter『音楽才能の心理学』、1977

■著書
・『バイオミュージックの不思議な力~ストレス解消~』、1992
・『高齢者の音楽療法』、1996
・『新訂・高齢者の音楽療法』、2009

■共著
・『音楽療法 研究と論文のまとめ方』、2002(以上、音楽之友社)

■世界音楽療法大会で研究発表
1999年 世界音楽療法法大会(ワシントン)において「ヒーリング・ミュージックによるストレスホルモンへの効果」ほか
2017年 第15回世界音楽療法大会(つくば)において「Relieving effect of the pain by the active music therapy based on Michiko NUKI method 」発表

■論文
・平成18年「音楽聴取における活性化による癒しと音楽の好み、性格特性、脳波変動との関連性」、2006 『音楽心理学音楽療法研究年報』 35巻
・平成19年「ヒト科の脳の進化と音楽の起源」、2007 『音楽心理学音楽療法楽療法研究年報』 36巻
・平成20年「高齢者デイサービスにおける認知症予防音楽療楽法の効果と可能性」、2008『音楽心理学音楽療法研究年報』 37巻
・平成22年「高齢者音楽療法におけるQOLとWell-beingについての一考察」、2010『音楽心理学音楽療法研究年報』 39巻
・平成25年「介護予防と音楽療法研究―EBMと幸福感のはざまで―」2013『音楽心理学音楽療法研究年報』42巻
指導方針 長寿国日本では高齢者のための施策が必要であり、音楽療法は認知症予防やQOL(生命の質)の向上をめざして、重要な役割を果たすことができる。なぜ音楽療法が貢献できるのか、その歴史と原理や方法を学ぶ。そして音楽療法士になるための高齢者領域の知識と、実際的な技能の習得をめざす。
講義内容は音楽療法で作用する音楽の機能について、科学的に音楽構成要素の生理心理学的な影響を理解させる。治療理論や老年期の精神疾患、認知症診断尺度、療法効果の症例についての講義と併行して、音楽療法を実践するための技能を習得できるように、毎回、課題を出す。2月、3月には高齢者施設で介護実習と音楽療法実習を体験させる。

音楽療法科目

貫 行子

貫 行子

(ぬきみちこ)
客員教授
中山晶世

中山晶世

(なかやまあきよ)
講師
二俣泉

二俣泉

(ふたまたいずみ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数