理事長メッセージ

上野学園短期大学は昭和27年(1952年)に開学、音楽科が設置されました。学校法人上野学園は本年で創立117年を迎えます。私どもが培ってきた音楽教育においては、高度な技術の習得に留まることなく、豊かな教養を身につける総合的な学びとして、さらには人間性そのものを深めていくことを大切にして参りました。これは現在に至るまで、中学校・高等学校から一貫して実践されている教育理念です。

私たちを取り巻く環境は、時代を経て変化していく、という面に加えて、予想できないことが常に起きていると言えましょう。その様ななかにおいて、自分は何を大切にし、何が出来るのだろうか。また周りとどのように繋がり、どのような事を実現できるのか。今、世界の教育は個人の幸せと、よりよい社会の実現を目標として動き出しています。自分が夢中になることをもつことは、何よりも幸せなことではないでしょうか。そして音楽の世界を通して、学びを深め、自信をもって、よりよい社会の実現に貢献していただきたいと願います。

上野学園大学短期大学部では、「音楽実技」「海外留学支援」「キャリア形成」「資格取得」「社会人のリカレント教育」「他音大への3年次編入」を特徴として、学生が自分に合った学び、あるいは目標にむかう為の学びを選択できるようにサポートしています。

時代を超えて生き続ける芸術・音楽の世界は、音楽を愛する人達に対して、無条件に門戸が開かれています。音楽の力は、人々に感動を与えます。音楽に携わる人が主体となって、自身の人生を豊かにし、社会との繋がりをもつことが出来ます。

音楽への夢と希望をもって学ぶ人たちを、学校法人上野学園は応援いたします。

理事長 石橋香苗
Page Top