音楽学科 ミュージック・リサーチ・コース

2015年度より「グローバル教養コース」に名称変更。
現在の「音楽学専門」、「音楽教育専門」に加え、
「文化創造マネジメント専門」を新設しました。
このページは、2014年度までの「ミュージック・リサーチ・コース」の紹介です。 

「音楽学」と「音楽教育」、
音楽をそれぞれの視点から学んでスキルを身につける。
授業イメージ

専門を選び、音楽を様々なアプローチで研究

ミュージック・リサーチ・コースには「音楽学」と「音楽教育」の2つの専門があります。「音楽学専門」は「音楽史」「音楽美学」「民族音楽学」「古楽器の研究」「音楽マネジメント」等の科目を設けており、音楽を様々な切り口から、研究を進めていきます。「音楽教育専門」は音楽教育に特に興味を抱き、中学校や高校の音楽教師を目指す人が集まっています。「情報機器の操作II」等で楽譜の作成を身につけ、ゼミでは教育の様々な現場で実習します。教育採用試験対策の特別プログラムもあります。

入門プログラム:「音楽学概論」「音楽教育概論」

「音楽学」と「音楽教育」どちらも、将来研究をするにあたって必要な知識と研究手法を学ぶために「入門プログラム」を設けています。ここでは、音楽学の様々な領域を概観した上で、図書館の使用法、特に音楽辞典の使い方や楽譜を含む音楽資科・文献の検索の仕方等を学びます。次に課題の取り組み方を知った上で、実際に調査・研究を行いレポートのまとめ方を学びます。こうすることで、より専門的な研究に入る準備を進めています。

ヨーロッパ音楽への理解を深める「原典講読」

「英語」「ドイツ語」「フランス語」の3つの講義を用意しています。ヨーロッパ音楽を理解する上で、その国の言語で書かれた文献は、当然のことながら基本的かつ重要なものと考えます。比較的読みやすい文献を通して、文法の復習をしながら語彙を増やしていきます。また、音楽書や音楽事典の項目等からテキストを選び、実際の勉強や研究に役立てられるよう読解力と表現力を養います。また、これと並行して、各国語の歌曲の詩を取り上げ、その意味や詩と音楽の関わりについて考察するコーナーもあります。

4年間の成果を形に「卒業論文/卒業レポート」

3年次のゼミで自分の研究領域を絞り込み、4年次には卒業論文に取り組みます。特別優秀論文(音楽教育専門は卒業レポート)は卒業式次第に掲載され、公開の卒業論文発表会で優秀な卒業論文を口述発表します。

Page Top
友だち追加数