知りたいけどちょっと聞きにくい
音大と音大生についてのお話し

知りたいけどちょっと聞きにくい<br />音大と音大生についてのお話し

(左から)
演奏家コース ヴィオラ専門 2013年入学 後藤俊太郎さん/千葉県立幕張総合高等学校出身
器楽コース チェロ専門 2013年入学 加藤 歩さん/東京都私立暁星高等学校出身
演奏家コース ヴァイオリン専門 2013年入学 堀越瑞生さん/山梨県立市川高等学校出身
器楽コース ヴァイオリン専門 2013年入学 髙橋英梨子さん/茨城県立取手松陽高等学校出身

弦楽カルテット
2年次の「室内楽」の授業をきっかけに結成し、学内外の音楽会等で精力的に活動している弦楽カルテット。ソロでの演奏とは違い、4人の音の調和を大切にするカルテットの活動を通じて、音楽の楽しみがより深まっているのだとか。先輩たちの演奏には、学園祭(櫻樹祭)等で触れることができます。

Q1 楽器を始めたのは何歳の時?

4歳の時にヴァイオリンを始めました。今、専門で学んでいるヴィオラは、高校の時から。(後藤)/4歳からチェロを始めました。(加藤)/ヴァイオリンを始めたのは3歳の時です。(堀越)/姉がヴァイオリンを習っていたことから、5歳の時に私も習い始めました。(髙橋)

Q2 音大に行こうと思ったのはなぜ?

昔からクラシック音楽と、楽器を弾くことが好きだったので。上野学園を選んだのは、今井信子先生の存在があったから。高3の夏休み明けに初めてレッスンを受けたことが、先生との出会いでした。(後藤)/高校時代から松本ゆり子先生に師事していたため。(加藤)/緒方恵先生に習いたかったからです。(堀越)/ 高2の時に夏期講習で緒方先生のレッスンを受講し、ぜひ指導を受けたいと思ったため。とても的確で、一つひとつ丁寧にアドバイスをくださる素晴らしいレッスンでした。(髙橋)

Q3 受験勉強はどのくらいしましたか? コツは?

僕の場合は、時間で区切ると逆にダラダラとしてしまったので、時間は気にせず納得いくまでやりました。(後藤)/高3で音大受験を決め、それからピアノも始めたので、苦労はしました。(加藤)/受験期は音大の過去問を集めた分厚い問題集を何年分も、ひたすら解いていました。楽器の練習時間は、多い時で3〜4時間。高校は普通科だったので、通常の教科の授業も受けながらの受験対策は大変ではありました。(堀越)/音楽科だったため、楽典やソルフェージュなどの音楽科目は授業で勉強し、不安な部分を自分で復習していました。ヴァイオリンの練習時間は、受験直前期は多い時で5時間くらい。(髙橋)

Q4 大学の雰囲気は?

少人数制ということもあり、とてもアットホームな雰囲気です。(加藤)/学生同士はもちろん、先生方との距離も近く、和気あいあいとしています。(髙橋)

Q5 男女の割合は?

男子は2割程度。高校は男子校でしたが、大学で男子が少ないことに関して特に意識したことはありません。性別よりも、音楽好きという共通項の方が自分にとっては大きいです。(加藤)

Q6 師事したい先生は入学前に決めた方がいいですか?

大学の4年間は、努力次第でいくらでも上達できる時期だと思います。自分の持っているものを最大限に引き出してくれると思える先生を、しっかり見つけておくと良いでしょう。(髙橋)

Q7 バイトと練習、勉強の両立はできますか?

バイトしている学生は多いです。僕は教職過程も履修していますが、選択授業を上手に組み合わせれば、比較的余裕を持った大学生活が送れると思います。(加藤)

Q8 演奏会やコンサートには、どのくらいの頻度で出かけていますか?

特に回数は決めていませんが、上野はどこに行くにも便利なので、気になる演奏会があると、よく出かけています。(後藤)

Q9 演奏の機会はどのくらいありますか?

学外も含めると、年間20回以上はあると思います。(後藤)/9月から11月は、オーケストラの定期演奏会や学園祭などがあり、特に本番が多い時期。ソロ、アンサンブル、オケなどさまざまな形での演奏を経験し、高校の時よりも確実に音楽の幅を広げることができています。(髙橋)

Q10 学生が多く住んでいるエリアは?

都外(千葉、埼玉、茨城、群馬など)の実家から通っている人が、意外と多いです。なかには新幹線通学している人も! 私は大学の近隣区の防音マンションで1人暮らしをしています。(堀越)

Q11 将来の夢は?

楽器を弾く仕事に就きたいです。(後藤)/模索中です。(加藤)/演奏家を目指し、卒業後は進学を考えています。(堀越)/ヴァイオリン講師です。演奏活動も続けていきたい。(髙橋)

Q12 上野学園を目指す高校生にひと言!

学生の人数は多くありませんが、その分、仲が良い。いい仲間と出会えると思います。(後藤)/楽器の境を越えた交流があり、楽しく音楽が学べる環境だと思います。(加藤)/仲が良いだけでなく、音楽的にも高め合える関係性が築けるはずです。(堀越)/素晴らしい先生方がたくさんいらっしゃいます。設備も整っていますし、貴重な経験をできるチャンスが散りばめられています。(髙橋)

Page Top
友だち追加数