緒方恵

緒方恵
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職教授
氏名(ローマ字)緒方恵 (Ogata Megumi)
専門ヴァイオリン
担当科目専門実技、(演)室内楽、弦楽合奏、オーケストラ
略歴(学歴・取得学位・職歴) 東京藝術大学〔芸術学士〕
東京藝術大学大学院〔芸術学修士〕
東京藝術大学大学院〔博士(音楽)〕
平成5年~7年  東京藝術大学ティーチングアシスタント
平成8年~14年  東京藝術大学音楽学部弦楽器科助手
平成15年~21年 東京藝術大学音楽学部弦楽器科非常勤講師
平成16年~22年 東京藝術大学音楽学部ソルフェージュ科非常勤講師
平成15年~19年 上野学園大学音楽・文化学部音楽学科非常勤講師
平成19年~22年 上野学園大学音楽・文化学部音楽学科准教授/弦楽主任
平成22年~27年 上野学園大学音楽学部音楽学科教授/学部長
平成27年4月~29年3月 上野学園大学音楽学部音楽学科教授/弦楽主任
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 日本ソルフェージュ研究会所属。上野学園 楽器展示室 主任。
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■論文
平成8年3月:「カール・ニールセンの音楽 ―ヴァイオリン作品を通しての分析と解釈―」東京藝術大学学位論文(博士論文)

■演奏会
リサイタルのほか、平成8年より、熊本白川教会で、テーマを掲げたコンサートを、毎年連続で行っている。
平成23年11月:フェイラー・クラシック・コンサート(大阪フェスティバルホール)
平成25年8月:東京芸術劇場ナイトタイム・オルガンコンサートVol.1
平成27年2月:上野学園 古楽器コレクション ミュージアム・コンサート「第8回ヴァイオリン:19世紀初頭・シャノの試み」
平成27年10月:上野学園 石橋メモリアルホール主催 教員と学生のコラボレーションによるコンサート・シリーズⅤ 「ニールセンとシベリウス」
平成28年9月:緒方恵・山崎紫乃 デュオ・リサイタル(港区高輪区民ホール)

■講演
平成24年12月(2回):早稲田大学文化構想学部 ゲスト講師「感性の現在を問う」講義・演奏
平成25年12月(2回):早稲田大学文化構想学部 ゲスト講師「感性の現在を問う」講義・演奏
平成27年9月:草加市民のための音楽教養講座 講師

■CD
「伊福部昭 ヴァイオリン協奏曲第2番」(Altus、平成13年)
「Nordic Music for the Violin」(Altus、平成14年)
「伊福部昭 ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲風狂詩曲」(JMOCD、平成17年)、「小さな王子」(Koda、平成22年)

■楽譜校訂(全て全音楽譜出版社)
「プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第1番 作品80」(平成14年)
「プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第2番 作品94a」(平成15年)
「J.ドント:クロイツェルとローデのエチュードのための予備練習 作品37」(平成15年)
「プロコフィエフ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 作品115」(平成15年)
「J.ドント:24のエチュードとカプリース 作品35」(平成15年)
「 C.ニールセン:ヴァイオリン作品集」(平成19年)

■楽譜解説(オイレンブルク版ミニチュアスコア)
「グリーグ:組曲《ホルベアの時代より》作品40」(平成17年)
「グリーグ:2つの悲しい旋律 作品34」(平成18年)
「グリーグ:ペール・ギュント 組曲 第1番、第2番」(平成19年)

■楽譜解説(日本楽譜出版社)
「シベリウス:交響曲第7番」(平成27年)
「シベリウス:交響曲第5番」(平成28年)

■寄稿
「北欧の作曲家と中央ヨーロッパとの関係」(『音楽現代』、平成16年)、「グリーグ:ヴァイオリンソナタ第3番」(『音楽現代』、平成16年)、「北欧固有の文化と表現」(『音楽現代』、平成19年)、「生誕150年、ウジューヌ・イザイ 音楽人としての一生」(『音楽現代』、平成20年)、「サラサーテとその時代」解説(東京藝術大学主催コンサート、平成20年)、「北欧音楽地図」(『音楽現代』、平成23年)、「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番-その魅力と魔力-」(『音楽現代』、平成24年)、「作曲家最後の交響曲:シベリウス」(『音楽現代』、平成25年)、「若き日の大作曲家たち:シベリウス」(『音楽現代』、平成26年)、「北欧音楽史におけるグリーグ・ニールセン・シベリウス」(『音楽現代』平成27年)
指導方針 ヴァイオリンは様々なジャンルで活躍できる楽器です。大学生活を通じ、個々の特徴を見極めながら、何に向いているのかをアドヴァイスすることも私の役目だと思っています。演奏する上で大切なことは、作品を深く理解し、そこから受けたインスピレーションを楽器で表現したいと思うことです。その思いなくして演奏はできません。レッスンではその際に必要な技術を示し、表現に支障がある部分を根本から丁寧に解決していきます。演奏には知性と感性のバランスが大切です。音楽を感じる心を磨き、理論を消化した上での演奏ができるよう心がけています。レッスンだけでなく学生たちとなるべく多くのコミュニケーションをとり、幅広い視野を持った、心豊かな社会人になってもらえるよう、人間の育成にも力を入れています。

ヴァイオリン

緒方恵

緒方恵

(おがためぐみ)
教授
矢部達哉

矢部達哉

(やべたつや)
教授
池田雄彦

池田雄彦

(いけだたけひこ)
准教授
佐藤まどか

佐藤まどか

(さとうまどか)
准教授
本郷幸子

本郷幸子

(ほんごうさちこ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数