小倉史生

小倉史生
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職非常勤講師
氏名(ローマ字)小倉史生 (Ogura Fumio)
専門トロンボーン
担当科目専門実技、副科実技、オーケストラ、ウィンド・アンサンブル
略歴(学歴・取得学位・職歴)東京藝術大学(芸術学士)
東京藝術大学大学院修士課程音楽研究科(芸術学修士)
平成7年4月~平成15年3月 常葉学園短期大学非常勤講師
平成9年4月~平成15年 3月 上野学園大学オーケストラ講師
平成15年4月~ 上野学園大学非常勤講師(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞)
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等)■演奏会
平成20年8月26~30日 第29回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルにアカデミーアンサンブルONSEN(音泉)メンバーとして参加
平成20年9月 2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲模範演奏CD録音及びDVD撮影に東京佼成ウインドオーケストラ賛助メンバーとして参加
平成20年9月19日 H. シュッツ:ダビデ詩編曲集(淡野弓子・淡野太郎指揮 ムジカ・ポエティカ古楽アンサンブル他、東京カテドラル聖マリア大聖堂)
平成20年10月20日 モーツァルト記念合唱団第18回定期演奏会(津田雄二郎指揮 ムジカ・レセルヴァータ、すみだトリフォニーホール)
平成22年5月23日 こどものためのクラシック・コンサート(ニューフィルハーモニア・ウインド・オーケストラ、東京都児童館)
平成23年5月6日 東日本大震災チャリティーマラソンコンサート「祈りから光へ」第2回「北村源三・伊藤清とその弟子たち」(日本基督教団霊南坂教会)
平成23年9月17日 生涯学習講座リカレント・アカデミー「音楽の愉しみ」第13回金管楽器の楽しみ(トロンボーン・トリオにて出演、アートホール亀世(川崎))
平成23年12月24,25日 埼玉オペラ協会公演「J. マスネ/シンデレラ」(高橋勇太指揮 東京サロンシンフォニー・オーケストラ、彩の国さいたま芸術劇場)
平成24年1月27日 MBC(モーツァルト・バースデー・コンサート)室内合唱団演奏会「モーツァルト/レクイエム」(辰野洋介指揮 MBC室内管弦楽団、府中の森芸術劇場)
平成24年2月25,26日 NBA バレエ団公演「アルレキナーダ」、「せむしの仔馬」より「まぼろしの島」(榊原徹指揮 東京劇場管弦楽団、五反田ゆうぽうと)
平成24年7月1日 吹奏楽団「ザ・ウインド・オブ・ヨコハマ」PROJECT CNCERT 2012 R. コルサコフ/トロンボーン協奏曲を独奏(堤拓幸指揮 関内ホール)
平成24年8月18,19日 小林紀子バレエ・シアター「アナスタシア」(渡邊一正指揮 東京ニューフィルハーモニー管弦楽団、新国立劇場)
平成24年12月15,16日 NBAバレエ団クリスマス公演「くるみ割り人形」(榊原徹指揮 東京劇場管弦楽団、なかのZERO大ホール)
平成25年7月27日 アンジェリコ第2弾「ピリオド楽器による16-17世紀の金管アンサンブル」(日本キリスト教団本郷教会礼拝堂)
平成25年12月12日 古楽アンサンブル・コントラポント第15回定期公演「コントラポントと祝うクリスマス〜ドイツ・バロックの豪華なクリスマス音楽」(渋谷区文化総合センター大和田さくらホール)
他に、フィルハーモニア・ウインド・オーケストラ、東京サロンシンフォニー・オーケストラ等のメンバーとして、関東を中心に各地で音楽鑑賞教室に参加。
指導方針トロンボーンの音は、人間の声に近いと言われています。ですから、奏者にとっての課題は、トロンボーンという楽器をいかに"自分の声"のように操るかということでしょう。また、ハーモニー楽器でもあり、合奏の中でこそ真価を発揮する楽器です。オーケストラやウインド・アンサンブルの授業は、皆さんにとって大変に良い経験となるはずです。楽器演奏とは自己満足ではなく、人(聴衆)に聴いてもらってこそ価値があると考えています。常にそのことを前提に指導しています。

トロンボーン

栗田雅勝

栗田雅勝

(くりたまさかつ)
客員教授
小倉史生

小倉史生

(おぐらふみお)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数