山岡重治

山岡重治
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職客員教授
氏名(ローマ字)山岡重治 (Yamaoka Shigeharu)
専門リコーダー
担当科目専門実技
略歴(学歴・取得学位・職歴)バーゼル・スコラ・カントールム(留学)
昭和57年 NHK「リコーダーとともに」講師
昭和58年~平成23年 上野学園大学非常勤講師
平成15年~ 東京藝術大学非常勤講師(現在に至る)
平成23年~ 上野学園大学客員教授
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞)昭和50年 ブルージュ国際音楽コンクール アンサンブル部門第1位
昭和53年 第27回ミュンヘン国際音楽コンクール リコーダー部門(ソロ部門)第3位(第1位、2位なし)
“バッハ・コレギウム・ジャパン”メンバー
古楽グループ“レ・サンク・サンス”主宰。
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等)■演奏会
平成17年8月 シュレスヴィック・ホルスタイン音楽祭(ドイツ)に出演。(バッハ・コレギウム・ジャパン)
平成17年10月 韓国各地にて演奏会。韓国ソウル芸術学校においてマスタークラス
平成18年7月 春川国際古楽音楽祭(韓国)にてリサイタル、リコーダー・コンクール審査員
平成18年11月 レ・サンク・サンス「ガナッシ・リコーダーの世界」(大阪フェニックスホール)
平成19年2月 バッハ・コレギウム・ジャパン定期演奏会及びレコーディング【CD全39巻】
平成19年5月 リサイタル「完結する音世界」(東京オペラシティ リサイタルホール)
平成19年7月 春川国際音楽際(韓国)にてリサイタル、マスタークラス
平成20年2月 バッハ・コレギウム・ジャパン定期演奏会及びレコーディング【CD全42巻】
ヘンデル没後250周年記念「山岡重治リコーダーコンサート」(ノワ・アコルデ音楽アートサロン)
平成20年6月 バッハ・コレギウム・ジャパン「プランデンブルグ協奏曲全曲演奏会」及びレコーディング(川崎ミューザ他)
平成21年2月 バッハ・コレギウム・ジャパン定期演奏会及びレコーディング【CD全45巻】
平成21年7月 東京リコーダー音楽祭出演
平成22年7月 ウィークエンド・コンサート40回記念演奏会
平尾リコーダー工房30周年記念演奏会シリーズ
平成22年10月 「リコーダー・ダイアローグ」(淀橋教会)
平成22年11月 「フラウト・イタリアーノの魅力」(淀橋教会)
平成22年12月 「リコーダー・コンチェルトの夕べ」(上野学園 石橋メモリアルホール)
平成24年3月  バッハ・コレギウム・ジャパン「東日本大震災チャリティーコンサート」
平成24年10月 韓国春川国際古楽音楽祭出演 春川国立博物館
■主なCD
・コジマ録音
ALM-1027「ヘンデル/リコーダー・ソナタ全6曲」
・マイスターミュージック
MH-1080 「フランスのリコーダートリオ」レ・サンク・サンス
MH-1139 「パルティータ」
MH-1107 「うぐいす」レ・サンク・サンス
MH-1139 「パルティータ」~無伴奏リコーダー作品集~
MH-1166 「コレッリ:リコーダーと通奏低音のためのソナタ 作品5」
MH-1194 「フランス・リコーダー作品集」
MH-1221 「J.S.バッハ ソナタ集」
MH-2006 「ベルガマスカ」レ・サンク・サンス
MH-2033 「2本のリコーダーのための作品集」
MH-2063 「フラウト・イタリアーノの魅力」
MH-2098 「テレマン・リコーダーソナタ集」
MH-2149 「2本のリコーダーによるトリオ・ソナタの旅」
指導方針リコーダーはヨーロッパで最も普及した管楽器であり、その歴史は大変古く、レパートリーも中世、ルネサンス、バロック、現代と無尽蔵に存在しています。基礎テクニックを土台に、各時代の音楽様式や、ダイナミクス(強弱法)なども学び、真のプロフェッショナルを育成します。

リコーダー

山岡重治

山岡重治

(やまおかしげはる)
客員教授
浅井愛

浅井愛

(あさいあい)
非常勤講師
太田光子

太田光子

(おおたみつこ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数