音楽関係就職支援プログラム

音楽関係の就職は、①演奏する仕事、②教える仕事、③技術よりも知識を活かす仕事、の3種類に大別されます。いずれも高い専門性が求められるものです。授業であまり触れることがない実用性に富んだプログラムを取りそろえ、納得できる進路選択の手助けをしています。

ヤマハ音楽教室システム講師採用説明会

ヤマハ音楽振興会の音楽指導スタッフが、採用試験の概要や試験で犯しやすい失敗例を、デモンストレーション演奏を交えて説明します。受験前に取得しておいた方がよいグレードの仕組みや講師採用後の待遇や研修制度についても知識を深め、音楽教育の裾野を広げる仕事の意義を学びます。

カワイ音楽教室講師採用説明会

河合楽器製作所の音教指導担当者が、講師に求められる人物像や採用試験の概要についてじっくりと説明します。講師の内面的な豊かさが幼児の人間形成にいかに影響を与えるかということを意識した上で、ソルフェージュ力を学生時代に身につけるように指示されます。

自衛隊音楽隊採用説明会

自衛隊広報官が陸・海・空それぞれにある音楽隊の特徴や演奏活動の概要を説明し、募集楽器と試験曲目の解説を行います。自衛官としての心構えを持ち、入隊後の訓練に戸惑いが生じないように、希望者には実際の活動拠点を案内し、音楽隊員の仕事とはどのようなものなのかを自分の目と耳で体感してもらいます。

音楽教室開設支援プログラム

音楽教室運営アドバイザーが、自宅でピアノ(その他楽器・歌)教室を開業する際に押さえておかなければならない実務的なことを一つ一つ教えます。生徒募集の方法は、レッスン室の間取りは、月謝の設定は、親との応対は、一体どうしたらよいのか?...知っているのと知らないのとでは大きく差がつきます。誰もが実現可能な仕事だからこそ、成功の秘訣を学びます。

ヤマハ音楽能力検定対策講座

ヤマハ音楽教室システム講師になるためには、採用試験に準拠しているグレードを取得しておくことが一番の近道です。この講座ではピアノ演奏グレード5級と4級の合格を目指し、長年グレード試験官を担当してきた講師がグループレッスンを行います。授業では取り上げられる機会が少ない「即興演奏」に重点を置き、講師として必要な技術を身につけます。

Page Top