東風安生

東風安生
学部/学科 上野学園大学短期大学部音楽科
職位/役職 非常勤講師
氏名(ローマ字) 東風安生(Kochi Yasuo)
専門 道徳教育 教育哲学
担当科目 待機大学部 道徳教育指導論、哲学 専攻科 哲学と倫理
略歴(学歴・取得学位・職歴) 早稲田大学[文学士]
東洋大学大学院[教育学修士]
昭和女子大学大学院[博士(学術)]
昭和59年 東京都公立小学校 教諭(平成13年3月まで)
平成13年 早稲田大学系属早稲田実業学校初等部専任教諭(平成17年3月まで)
平成17年 早稲田大学系属早稲田実業学校初等部教頭(平成27年3月まで)
平成17年 学校法人早稲田実業学校評議員(平成27年3月まで)
平成28年4月~令和2年3月 北陸大学 経済経営学部教授
平成30年4月~ 金沢大学理工学域非常勤講師(現在に至る)
令和2年4月~ 横浜商科大学商学部教授(現在に至る)
令和2年4月~ 横浜商科大学教職センター長(現在に至る)
令和5年4月~ 横浜商科大学キャリア支援専門部会長(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 平成10年 日本道徳教育学会 会員(現在に至る)
平成14年 文部科学省心のノート編集委員
平成14年 日本道徳教育方法学会 会員(現在に至る)
平成26年 日本道徳教育方法学会 評議員(現在に至る)
平成30年 金沢大学 教員免許更新講習会 講師(現在に至る)
平成31年 独立行政法人教職員支援機構 道徳教育指導者養成研修会(中央研修会)講師(現在に至る)
平成31年 文部科学省初等中等教育局 「道徳教育の抜本的改善・充実」事業審査委員会委員(現在に至る)
平成31年 博報堂教育財団「博報賞」審査委員(現在に至る)
令和2年 金沢大学臨床研究審査委員会委員・金沢大学付属病院臨床試験審査委員会委員(現在に至る)
令和3年 日本道徳教育学会神奈川支部理事(現在に至る)
令和4年 日本道徳教育学会監事(現在に至る)
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■文部科学省 検定教科書編集委員
・小学校 「特別の教科 道徳」1年~6年(学研教育みらい)(平成28年4月~)
■著作(単著)
・子どもたちのために親と教師ができること(令和3年12月)22世紀アート
・『哲学の時間-「考える力」が必ず身につく15講義』(令和2年4月)22世紀アート(東京)
・『キャリア形成と道徳教育』(平成30年12月)日本学習図書株式会社(東京)
・『寛容を基盤においた生命尊重の教育に関する研究』(平成30年11月)冨山房インターナショナル株式会社(東京)
・『心を育てるみんなのぎもん』全4巻(平成27年2月)学研教育みらい 監修
■著作(共著)
・金光靖樹編著『新・授業のための「教職」道徳教育論』(令和4年12月)教育情報出版(大阪)
・日本道徳教育学会全集編集委員会編『新道徳教育全集第3巻 幼稚園、小学校における新しい道徳教育』(令和3年6月)学文社(東京)
・田沼茂樹編著『板書&イラストでよくわかる365日の全授業-小学校道徳3・4年』(令和3年3月)明治図書出版(東京)
・田沼茂樹編著『道徳科重要用語辞典』(令和3年1月)明治図書出版(東京)
・梅澤秀監・小林福太郎編著『特別の教科 道徳15講』(令和2年5月)大学図書出版
・鈴木昭雄編著『道徳教育と道徳科授業の理論と実践』(令和元年9月)日本文教出版株式会社(大阪)
・伊藤良高編著『改訂版 道徳教育のフロンティア』(平成31年4月)晃洋書房
・毛内嘉威編著『PDCAサイクルが見える!小学校道徳科 指導&評価の完全バイブル』(平成30年11月)明治図書出版株式会社(東京)
・道徳の教科書編集委員会(代表・東風安生)『もうひとつの道徳の教科書』(平成30年3月)冨山房インターナショナル株式会社(東京)
■査読論文(単著)
・道徳教育における崇高さに関する一考察― 宗教的情操の観点から ―『横浜商大論集』(第56巻第2号論文)横浜商科大学(令和5年3月)
・OECD Education 2030Projectから見る道徳科授業における振り返り活動の重要性『道標』(第10号)日本道徳教育学会神奈川支部(令和5年3月)
・令和時代の道徳教育によるメタ認知能力と豊かな情操の育成『道徳と教育』(第340号)日本道徳教育学会(令和4年3月)
・学会誌掲載論文にみる道徳教育の研究の変化『道標』(第9号)日本道徳教育学会神奈川支部(令和4年3月)
・高等教育機関における子育て支援の課題『横浜商大論集』(第55巻 第2号)横浜商科大学学術研究会(令和4年3月)
・道徳科と単元学習-国語科や総合的な探究の時間を参考に『道標』(第8号)日本道徳教育学会神奈川支部(令和3年3月)
・「市民性を養う教育のための高大連携のプロジェクト(その1)」『横浜商大論集』(第54巻 第1‣2合併号)横浜商科大学学術研究会(令和3年3月)
・「しつけと子育てに対する学校教育への期待」『人間教育と福祉』(第10号)日本教育福祉学会(令和3年3月)
・「日本の『生命尊重の教育』の鍵となるイギリスの道徳教育」『イギリス理想主義研究年報』(第16号)日本イギリス理想主義学会(令和2年8月)
・「宗教的情操の評価に関する心理学と哲学の比較」『北陸大学紀要』(第48号)北陸大学(令和2年3月)
・「道徳教育における宗教的情操-『善の研究』における宗教と道徳の関係性から-」『北陸大学紀要』(第47号)北陸大学(令和元年9月)
・「自己評価を生かした学びに向かう力の育成-育成すべき資質・能力から見える課題解決へ向けて-」『北陸大学紀要』(第46号)北陸大学(平成31年3月)
■学会発表
・伝統と文化を尊重する心を涵養する道徳教育(令和4年11月)日本道徳教育学会第100回研究大会(東京・武蔵野大学)ラウンドテーブル第3部会「伝統と文化の尊重を涵養する道徳教育」発表者
・省察的考察を基にした道徳教育の科学的研究および実践(令和4年6月)日本道徳教育学会第99回研究大会(東京・東京家政大学・オンライン)シンポジウムテーマ「道徳教育を科学する」シンポジスト
・小・中・高の一貫した道徳教育のカリキュラム検討①-市民性の育成をめざしたルソーとアーレントの考え方を参考に-(令和4年6月)日本道徳教育方法学会(千葉県・麗澤大学・オンライン)
・小学校高学年に内容項目視点D「よりよく生きる喜び」が位置付けられる意義(令和3年6月)日本道徳教育学会(栃木県・宇都宮大学・オンライン)
・日本の道徳教育がシティズンシップ教育と接続するための課題-日本学術会議報告の「よりよい道徳教育のための四つの展望」から(令和3年6月)日本道徳教育方法学会(千葉県・麗澤大学・オンライン)
・新型コロナウイルス感染症対策から見える学校における福祉機能の役割(令和3年3月)日本教育福祉学会(埼玉県・文京学院大学・オンライン)
・子どもの躾と道徳教育-家庭・地域との連携の窓口として-(令和2年3月)日本教育福祉学会(東京都・日大文理学部・オンライン)
・宗教的情操と畏敬の念の 比較に関する一考察(令和2年10月)日本道徳教育学会(奈良県・畿央大学・オンライン)
・エビデンス至上主義における道徳科評価の今後について(平成30年6月)日本道徳教育法方法学会第24回研究発表大会(沖縄県・琉球大学)
・シンポジスト「特別の教科道徳」を通した豊かな情操をもった子どもの育成(平成30年11月)日本道徳教育学会第92回大会研究発表大会(石川県・金沢工業大学)
・教科化によって強まる地域・家庭との連携(令和元年6月)日本道徳教育方法学会第25回研究発表大会(兵庫県・神戸市外国語大学)
・授業において自己評価を用いることの効用に関する一考察(令和元年6月)日本道徳教育学会第93回研究発表大会(千葉県・麗澤大学)
・日本の生命尊重教育の鍵となるイギリスの道徳教育(令和元年8月)イギリス理想主義教育学会(京都府・同志社大学)
■講演会
・石川県いしかわ道徳教育推進事業推進校校内研究指導・講評 於石川県中能登郡能登町立柳田中学校(令和4年7月及び11月)
・石川県いしかわ道徳教育推進事業推進校校内研究指導・講評 於石川県宝達志水町立宝達中学校(令和4年6月及び10月)
・入間市立豊岡小学校校内研究会・指導講評 (令和4年6月)
・埼玉県道徳教育研究会令和4年度総会記念講演会講師 於さいたま市民センター(令和4年5月)
・埼玉県道徳教育研究会令和3年度総会記念講演会講師 於幸手市東公民館(令和3年5月)
・金沢市中堅教諭等資質向上研修会「道徳教育実践」講師 於金沢市立工業高等学校(令和2年8月)
・埼玉県道徳教育研究会令和2年度総会記念講演会講師 於さいたま市民会館うらわ(令和2年5月)
・秋田市教育委員会課題研究推進道徳教育研修会「自分を見つめ、考えを深める道徳科の授業づくりについて」於秋田市中央市民サービスセンター令和元年7月
・埼玉県道徳教育研究会令和元年度総会記念講演会講師 於さいたま市民会館うらわ(令和元年5月)
・金沢市中堅教諭等資質向上研修「道徳教育実践」講師 於金沢市立工業高等学校(令和元年8月)
指導方針 大学教員としての教育の理念は「間主観的変様を重視した教師と学生の緊張関係のある学び」である。指導者が授業で新たな学びを経験するという状態に至るには、指導者となる教員側に、学習者となる学生に対して自分自身の前に立つ一人の人間として尊敬する態度や尊重する思いがなければならない。学習者と指導者が時に立場を交代して、相互に学び合う関係(緊張関係)の状況でこそ、学びの成果は学習者自身の成長となり、ひいては指導者自身の成長につながる。自信のない学生に対してパフォーマンスを認めたり、評価したりするフィードバックを丁寧に返していくような関係性の中に、学修に対して積極的な態度が培われていく。毎年同じ授業内容は指導者側の甘さがこうした自信のない学生にはすぐに自分が軽く見られている存在だと曲解してしまいがちである。いつもそばで一緒に考える姿勢が求められている。

教職科目

内田有一

内田有一

(うちだゆういち)
教授/学科長/一般教育科目主任
林直美

林直美

(はやしなおみ)
講師
東風安生

東風安生

(こちやすお)
非常勤講師
下山直人

下山直人

(しもやまなおと)
非常勤講師
松浦奈々恵

松浦奈々恵

(まつうらななえ)
非常勤講師
Page Top