今井信子

今井信子
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職特任教授
氏名(ローマ字)今井信子(Imai Nobuko)
専門ヴィオラ
担当科目専門実技、(演)室内楽
略歴(学歴・取得学位・職歴) 桐朋学園大学卒業(芸術学士)
昭和48年~53年 北イリノイ大学助教授
昭和53年~56年 ノーザン・ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック
昭和54年~60年 ハーグ王立音楽院Senior Lecturer
昭和59年~15年 デトモルト音楽大学教授
平成13年~ アムステルダム・スヴェーリンク音楽院教授(平成20年6月まで)
平成15年~ ジュネーヴ音楽院教授(平成26年6月まで)
平成20年~ 上野学園大学特任教授(現在に至る)
平成20年~ クロンベルク・アカデミー教授(現在に至る)
平成25年~ アムステルダム音楽院Principal Subject Teacher (現在に至る)
平成27年~ ソフィア王妃高等音楽院教授(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 昭和42年 ミュンヘン国際コンクール最高位
昭和43年 ジュネーヴ国際コンクール最高位 その他、日本放送(文化放送)音楽賞、西ドイツ音楽功労賞、エイボン芸術賞、文化庁芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞、京都芸術賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞、紫綬褒章、旭日小綬章
平成9年 第1回淡路島しづかホール・ヴィオラ・コンクール審査委員長
平成21年・24年・27年・30年 東京国際ヴィオラコンクール審査委員長
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■音楽監督・企画等
平成19年 武生国際音楽祭アドヴァイザー
平成23年~現在 ザ・フェニックスホール 音楽アドバイザー

■主要な演奏会
平成22年 オープニング・ガラ・コンサートⅡ(上野学園 石橋メモリアルホール)に出演
平成23年 五嶋みどり、ジョナサン・ビスらとカーネギーホールで室内楽演奏会
平成24年 ロンドン・ウィグモアホールにてソロ・リサイタル
平成25年 今井信子「憧れ」~70歳記念ヴィオラ協奏曲コンサート
平成25年 ラヴィニア、マールボロ両音楽祭に出演
平成25年~現在 今井信子コンサートシリーズ「夢」
平成26年 ヴェルビエ音楽祭に出演、パメラ・フランク、ルノー・カプソン、ユーリ・バシュメット、ミッシャ・マイスキー、ミクロシュ・ペレーニらと共演
平成27年~28年 東京・王子ホールにてミケランジェロ弦楽四重奏団としてベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会
平成30年 ヴェルビエ音楽祭25周年記念ガラ・コンサートに出演。
平成30年 ミケランジェロ弦楽四重奏団米国ツアー。カーネギーホールに出演。

■著書
「憧れ ヴィオラとともに」(春秋社、平成19年)

■CD録音
「ヴィオラ・ブーケ」(フィリップス、平成18年4月)
「J. S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲BWV988(ドリトリ・シトコヴェツキによる弦楽三重奏編曲版)」(ドイツ・グラモフォン、平成18年10月)
今井信子「祈り」(エプソン、平成19年5月)
ミケランジェロ弦楽四重奏団 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1 番・第2番(Pan Classics、平成20年5月)
ミケランジェロ弦楽四重奏団 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第3 番~第6番(Pan Classics、平成21年9月)
「バルトーク:ヴィオラ協奏曲」(Pan Classics、平成24年1月)
「ドホナーニ:ピアノ五重奏曲 」(Claves Records平成27年4月)
指導方針 音楽を教えるということは人生を教えるようなもので、音楽をいかに楽しみ、深く探求したいという気持ちを植え付けるのが私の役目と思っています。実際に技術的なこと、作曲家のスタイルとその解釈は勿論重要ですが、学ぶ前の各自のmotivationが成長の原動力になると信じます。

ヴィオラ

今井信子

今井信子

(いまいのぶこ)
特任教授
須藤三千代

須藤三千代

(すとうみちよ)
非常勤講師
Page Top