佐藤まどか

佐藤まどか
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職准教授/弦楽部会主任
氏名(ローマ字)佐藤まどか(Sato Madoka)
専門ヴァイオリン
担当科目専門実技、副科実技、オーケストラ、弦楽合奏、(演)室内楽
略歴(学歴・取得学位・職歴) 東京藝術大学附属音楽高等学校
東京藝術大学[学士(音楽)]
東京藝術大学大学院[修士(音楽)]
東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程[博士(音楽)]
平成15年~平成19年 上野学園大学音楽学部非常勤講師
平成19年~ 上野学園大学音楽学部専任講師
平成29年~ 上野学園大学准教授(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 平成4年 第44回プラハの春国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門特別賞
平成5年 第5回フムル国際ヴァイオリン・コンクール第2位(最高位)
平成6年 第13回リピッツァー国際ヴァイオリン・コンクール第4位(1位無し)
平成7年 第7回シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール第3位
contemporary αメンバー。日本シベリウス協会理事。www.madokasato.com
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■主要な演奏会・講演
平成20年
・第1回上野学園スカラシップシリーズ(旭川)
・フォルケ・グラスベックとフィンランド・ツアー
平成21年
・第2回上野学園スカラシップシリーズ(旭川)
・第2回上野学園スカラシップシリーズ記念コンサート(札幌)
・現音・秋の音楽展2009
・コンテンポラリーα定期演奏会
平成22年
・石橋益惠先生記念演奏会(共演 安田正昭)
・デュオ・リサイタル(共演 安田正昭 旭川市大雪クリスタルホール音楽堂)
・韓国・テグ国際現代音楽祭
・第3回上野学園スカラシップシリーズを開催(札幌)
・韓国・ハッポマン国際現代音楽祭
・第5回シベリウス国際会議。オックスフォード大学にてリサイタル。
・現音・秋の音楽展2010
・コンテンポラリーα定期演奏会
平成23年
・佐藤まどか ヴァイオリン・リサイタル(共演 揚原祥子、旭川アルモニコ合奏団)
・佐藤まどか&安田正昭 デュオ・リサイタル「柿沼唯の'花'三部作とフランス近代の名作」
・第10回シベリウス音楽祭でヘラスヴォ指揮 ヘルシンキ・シンフォニアと共演 
・フォルケ・グラスベックとフィンランド・ツアー
・現音、アンデパンダン展
平成24年
・石橋メモリアルホール主催 レクチャーコンサートシリーズvol.1「ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ革命」(全4回)講師:諸井誠、ピアノ:安田正昭
平成25年
・日本シベリウス協会<シベリウス生誕150年シリーズ>室内楽Vol.1&Vol.2をプロデュース、グラスベック、ツルネンとピアノ・トリオ全曲演奏会 等を各地で開催
・ソウル国際電子音楽祭20周年記念公演、テグ国際現代音楽祭
平成26年
・日ロ音楽家協会 ラフマニノフ生誕140年+1記念音楽祭出演
・フィンランド(ハメーンリンナ、タンミサーリ)にてリサイタル
平成27年
・松尾葉子指揮 瀬戸フィルハーモニー管弦楽団と共演
・コンテンポラリーα定期演奏会
・シベリウス生誕150年記念演奏会で土門裕之指揮 旭川フィルハーモニー管弦楽団と共演
・21世紀音楽の会にて初演
・BSクラシック倶楽部「フィンランドの自然をうたう シベリウス~生誕150年」
・フィンランド(ロヒヤ)にてリサイタル
・現音・秋の音楽展2015
・第6回シベリウス国際会議(ハメーンリンナ)で演奏
平成28年
・コンテンポラリーα定期演奏会
・林直之指揮 瀬戸フィルハーモニー管弦楽団と共演
・21世紀音楽の会
・佐藤まどかヴァイオリン・リサイタル(奈井江コンチェルトホール)
・佐藤まどか&安田正昭デュオ・リサイタル(石橋メモリアルホール)
平成29年
・上野学園大学、同短期大学第4回定期演奏会にて下野竜也氏と共演
・レクチャーコンサート「シベリウスの音楽と生涯~フィンランドから世界へ~」(SADI)
平成30年
・佐藤まどか&安田正昭デュオ・リサイタル
(旭川大雪クリスタルホール)
・佐藤まどか&安田正昭デュオ・リサイタル
(石橋メモリアルホール)

■論文
平成17年 博士論文「シベリウスのヴィルトゥオジティーの変容 ~ヴァイオリン・コンチェルトにおける初稿と改訂稿の比較研究~」

■著作・CD
・『北欧の音楽と民族ロマン主義-フィンランドを中心として-』
・『オウルンサロ音楽祭にて-自然と人間、音楽との共存-』
・ALMシベリウス全集vol.1「子守唄」(ピアノ渡邉規久雄)
・ALMシベリウス全集vol.2「ノヴェレッテ」(ピアノ渡邉規久雄)
・BIS The Sibelius Edition Box6 Violin & Piano(Piano Folke Gräsbeck)他
指導方針 個々の特性をとらえ、それぞれに合った方法で、音楽の本質に迫ることを目的とする。音を聴き、心に問いかけ、作曲家のメッセージを読み解くことを基本とし、幅広い視野と、感じる力を養う。そのために、楽器を自然に操る技術と表現法を学び、自らの芸術的な解釈へと促してゆく。
◆自主性の育み
自らが感じ、自分で考えること、そして応用する力を育てるために、自主的な取り組みを促し、個性に応じた手助けをする。
◆表現の試み
①耳を開き、音の響きを聴くこと。②感じ取ったことを映し出すこと。③演奏前になすべき事を考えること。実演を交えて、これらをクリアにする。
◆解釈へのアプローチ
音楽の多様性(時代、国、ジャンルや作家etc.)の認識へ向けて、演奏と学究の両面からサポートする。また様式観や語法をふまえ、自らの語り口を見つけられるように導いてゆく。留学や国際コンクールへの準備や、実践の舞台など、多岐にわたるアドヴァイスも行う。

ヴァイオリン

緒方恵

緒方恵

(おがためぐみ)
教授
池田雄彦

池田雄彦

(いけだたけひこ)
准教授/オーケストラ主任/ヴァイオリン・チェロ教室主任
佐藤まどか

佐藤まどか

(さとうまどか)
准教授/弦楽部会主任
本郷幸子

本郷幸子

(ほんごうさちこ)
非常勤講師
Page Top