植田克己

植田克己
学部/学科 上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職 特任教授
氏名(ローマ字) 植田克己(Ueda Katsumi)
専門 ピアノ
担当科目 専門実技
略歴(学歴・取得学位・職歴) 昭和47年 東京芸術大学音楽学部[音楽学士]
昭和50年 同大学院[芸術修士]
同年 ドイツのデトモルト音楽大学へ留学、翌年ベルリン芸術大学に移籍して、昭和54年まで在籍。
昭和57年 東京芸術大学音楽学部非常勤講師
昭和62年 同大学音楽学部助教授
平成14年 同大学音楽学部教授
平成20年~26年 同大学音楽学部長就任
平成29年 同大学音楽学部教授退任
同年 上野学園大学音楽学部非常勤講師
同年から令和3年3月まで東京藝大ジュニア・アカデミー校長
平成30年 上野学園大学音楽学部特任教授(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 昭和44年 第38回毎日音楽コンクール入賞(現日本音楽コンクール)
昭和52年 第17回ロン・ティボー国際音楽コンクール第2位大賞
現在日本演奏連盟理事、日本ショパン協会副会長、クロイツァー記念会会長。これまで日本音楽コンクール楽壇側委員、仙台国際音楽コンクール運営委員、浜松国際ピアノコンクール専門委員を務め、以上3つのコンクールを始め、ケルン国際音楽コンクール、ジュネーヴ国際音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、フッペル鳥栖ピアノコンクール、カワイ音楽コンクール、Shigeru Kawai国際ピアノコンクール、全日本学生音楽コンクール、ベートーヴェン国際ピアノコンクールなどの審査員を務める。
現在イカール国際ミュージックキャンプ講師
宮崎県川南町モーツァルト祭 講師
仙台国際音楽コンクール運営委員長代行
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) リサイタルなどの独奏活動の傍ら室内楽奏者としても活躍。
日本国内はもとより、イギリス、ベルギー、ドイツ、イタリア、フランス、スイス、中国等で演奏会を開く。
NHK交響楽団、札幌交響楽団、東京都交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、ベルリン交響楽団、芸大フィルハーモア、芸大シンフォニーなどとも共演。
特に記すと、昭和61年から平成17年に亘り、27回のベートーヴェンシリーズを開催。
2021年4月札幌市 北海道立美術館 独奏コンサート(モーツァルト、滝廉太郎、シューベルト)
8月八戸市 イカール国際ミュージックキャンプ 独奏、2台ピアノ、室内楽、(シューベルト、ブラームス、シューマン、ルトスワフスキ、サン=サーンス)
2022年2月町田市 独奏(ベートーヴェン)
3月松江市 クローズドコンサート 独奏、室内楽(滝廉太郎、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン等)
指導方針 意欲ある学生諸君の音楽に対する探究心をさらに高めることが一番大事だと考える。個人個人による差異はあるものの、演奏上の諸問題を単に鍵盤での技術を習得に終わらず、楽器の特性を良く引き出すのに必要な体の使い方、呼吸、指使い、楽譜の読みの深さに関しても追及する材料を提供する。
更に鍵盤楽器の進展、各時代における演奏様式の違いにも常に考えを巡らせることを指導する。
実際の本番に向けては、それらの内容を聴衆に伝えることの大切さも考えさせた上で、練習の精査を図る。

ピアノ(鍵盤楽器)_大学

栁澤美枝子

栁澤美枝子

(やなぎさわみえこ)
特任教授/副学長/学部長/中高音楽主事
植田克己

植田克己

(うえだかつみ)
特任教授
マティアス・キルシュネライト

マティアス・キルシュネライト

(まてぃあす・きるしゅねらいと)
客員教授
山﨑紫乃

山﨑紫乃

(やまざきしの)
教授/器楽・声楽コース部会主任/学生委員
干野宜大

干野宜大

(ほしのたかひろ)
准教授/演奏家コース部会主任
星子知美

星子知美

(ほしこともみ)
准教授/中高音楽主事
安田正昭

安田正昭

(やすだまさあき)
准教授
佐藤裕子

佐藤裕子

(さとうひろこ)
非常勤講師
白井雅子

白井雅子

(しらいまさこ)
非常勤講師
武田美和子

武田美和子

(たけだみわこ)
非常勤講師
藤井陽子

藤井陽子

(ふじいようこ)
非常勤講師
戸﨑廣乃

戸﨑廣乃

(とざきひろの)
非常勤講師/チェンバロ
渡邊順生

渡邊順生

(わたなべよしお)
楽器研究室特任研究員/チェンバロ
Page Top