山内雅子

山内雅子
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職教授/グローバル教養コース部会主任
氏名(ローマ字)山内雅子(Yamauchi Masako)
専門音楽教育
担当科目音楽科教育法Ⅱ、音楽教育法Ⅲ、特殊講義(音楽教育A)、演習(音楽教育A)、卒業演習:卒業論文、教育実習、教職概論、音楽授業観察実習、音楽教職実習、 教職実践演習、学校体験活動、特別活動及び総合的な学習の指導法、音楽教育(短期大学部:教職実践演習)
略歴(学歴・取得学位・職歴) 東京学芸大学[教育学学士]
東京藝術大学音楽学部 音楽教育研究室・邦楽科 東京都研究生(科目履修)
東京学芸大学大学院 大学設置基準第14条派遣[教育学修士]
東京学芸大学連合大学院[教育学博士]
昭和57年~平成25年 東京都公立学校教諭・主任教諭・主幹教諭
平成25年~平成28年 東京都公立学校副校長
平成28年~平成30年 上野学園大学音楽学部特任教授
平成29年~ 明星大学教育学部非常勤講師(現在に至る)
平成30年~ 上野学園大学教授(現在に至る)
平成31年~ 武蔵野音楽大学非常勤講師(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 平成9年 (財)音楽鑑賞教育振興会 研究助成論文 最優秀賞受賞
平成15年 NHK全国学校音楽コンクール東京都本選 審査員特別賞受賞
平成18年 NHK全国学校音楽コンクール東京都本選金賞 関東甲信越大会銅賞
平成19年 読売教育賞 優秀賞受賞
平成19年 TBSこども音楽コンクール東日本優秀校演奏会 優秀賞受賞
平成19年 東京都優秀教員表彰受賞
平成19年 文部科学省伝統音楽研修会 講師
平成21年 文部科学大臣優秀教員表彰授与
平成21年 全日本音楽教育研究大会 全国大会 研究演奏
平成28年 日本音楽の教育と研究をつなぐ会 パネルディスカッション
平成29年 日本音楽教育学会 全国大会シンポジウム「音楽を教える人材を育てるとは? これからの音楽科教育に求められること」パネリスト
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■著作
『日本音楽の授業』単著 ハンドブックシリーズ24(音楽之友社 平成13年)
『楽しい箏楽譜集』共著 大原啓司(音楽之友社 平成14年)
「初めての日本音楽の授業」連載『教育音楽小学版』(音楽之友社 平成21-22年)
「楽器の特性を生かした和楽器の指導」『音楽科教育』分担執筆 加藤富美子編(一藝社 平成27年)
「指導者の音楽教育観と力量が反映される 特集★学習者の視点から学校音楽教育を考える」『音楽教育実践ジャーナル第13-2号』(日本音楽教育学会 平成28年)
『小学校 新学習指導要領ポイント総整理』p.117-124(株式会社 東洋館出版 平成29年)
『新学習指導要領の展開』p.54-55 p.82-85(明治図書 平成29年)
『小学校教育課程実践講座』p.138-144 p.162-168 p.188-193(ぎょうせい 平成29年)
『最新 初等科音楽教育法』p.74-76 p.240-241(音楽之友社 平成30年)
『学校学習指導要領(平成29年告示)解説 音楽編』作成協力者(文部科学省 平成30年)
『平成24・25年度小学校学習指導要領実施状況調査報告書』小音1-30(国立教育政策研究所 平成30年)
「箏の授業に唱歌(しょうが)を取り入れよう」「唱歌深める箏曲《六段の調》の授業」『教育音楽 中学・高校版2月号』p34-38(音楽之友社 平成31年)
「鑑賞教材の解説」『新版教員養成課程 小学校音楽科教員養成課程』p176-181(教育芸術社 平成31年)
『唱歌で学ぶ日本音楽』DVD付き 箏曲部分担当(音楽之友社 平成31年)

■論文
『豊かな音楽性を培う日本音楽の指導―箏を用いた多様な音楽活動の試み』 (東京都教員研究生 東京芸術大学音楽学部派遣報告書 平成8年)
「‶日本の感性″を引き出し、育てる音楽鑑賞の授業」『音楽鑑賞教育』最優秀賞受賞論文 (財団法人音楽鑑賞教育振興会 pp.78-103 平成8年)
『豊かな音楽性を培う日本の音楽の指導ー教材の開発と授業の工夫を通してー』 音楽教育研究報告第17号(財音楽鑑賞教育振興会 平成10年)
「豊かな音楽性を培う日本音楽の授業・民謡からのアプローチ―」
『音楽鑑賞教育』7月号No.383 (財音楽鑑賞教育振興会 平成12年)
『日本の伝統的な歌の指導法の研究―小学校における実践を通して―』 東京学芸大学大学院 修士論文(平成14年)
「児童発声における『地声』と『頭声』の音響的差異」 日本音楽教育学会編
『音楽教育学の未来』【査読有】pp.225-237(音楽之友社 平成21年)
「小学校における日本の伝統的な歌唱の指導に関する研究- 一般的な音楽教師が可能な長唄の指導法-」『音楽教育学』【査読有】第41巻第1号(音楽之友社 平成23年)
『伝統的な歌唱を生かした歌唱指導の教育的意義-小学校における実証的研究を通して-』 東京学芸大学連合大学院 連合学校教育学研究科 博士論文(平成26年)
「総合的な学習の趣旨を生かした日本の伝統音楽の指導の有効性―小学校における尺八の指導を通してー」 『上野学園教育研究紀要 第1号』(平成30年)

■講演 講習
平成31年3月26日 「新学習指導要領で求められている内容と指導法」 音楽グルメの会2019年春期講座
平成30年11月23日 「我が国や郷土の伝統音楽に親しみ、よさを味わう音楽授業」 第39回青森県音楽教育下北大会
平成30年8月17日 「子どもが生き生きと学ぶ音楽の授業づくり~日本の伝統音楽を題材にして~ -新学習指導要領を踏まえて―」 さいたま市研修会
平成30年8月1日 「我が国や郷土の音楽の教材化」 青森県下北小中学校教育研究会・夏季研修会
平成30年6月13日 「新学習指導要領で求められている内容と具体的な指導方法についてー音楽づくり・創作を中心にー」三鷹市小・中学校教育研究会 音楽部会
平成29年8月21日 「児童・生徒の音楽的・人間的成長を実現する能の授業」(銕仙会能・狂言 鑑賞と教え方講座)
平成28年1月30日 「子供の音楽的・人間的成長を実現する日本音楽の授業-伝統的な歌唱を生かした歌唱指導に焦点をあてて-」 (さいたま市 彩音会)
平成27年3月21日 「箏と唱歌による伝統に目指した学び」 (2015ミュージック エデュケーション メッセ in TUKUBA)
平成24年1月16日 「楽しい日本音楽の授業~どの子にでもできる活動を通して日本音楽の本質に迫る~」 (函館市小学校音楽教育研究会冬季研修会)
平成9年~平成29年 各都道府県教育委員会 市町村教育委員会 音楽研究会主催講習会、音楽授業研究会講師多数(北海道 秋田 宮城 福島 新潟 群馬 茨城 東京 千葉 埼玉 静岡 愛知 島根 鳥取 大阪 兵庫 広島 熊本 北九州)

■作曲・編曲
平成21年 日本の伝統的音楽様式に根差した歌唱教材楽曲、器楽合唱曲の出版 教育音楽付録楽譜「子供のための組曲」「百花繚乱」「童夢・木曽節」「さる地蔵」「ソーラン節合唱曲」他 (音楽之友社)
指導方針 本学を卒業した学生は、なんらかの形で「音楽を教える」仕事に就くのではないでしょうか。その中でとりわけ、学校という場の音楽授業で「音楽を教える」ための基礎力、応用力、実践力を多角的に身に付けていくのが音楽教育専門です。音楽教師はやり甲斐のある素敵な仕事です。鑑賞と表現の様々な活動を通して、音楽を愛好する心情を育て、音楽活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養います。音楽が好きな生徒ばかりではありません。音楽に苦手意識をもっていたり、人との関わりが苦手だったり、様々な課題を抱えている生徒もいます。そんな多様な生徒に寄り添い、確実に基礎力を身に付け、音楽的にも人間的にも育てていく、そんな授業ができる音楽教師の育成を目指します。

グローバル教養コース

山内雅子

山内雅子

(やまうちまさこ)
教授/グローバル教養コース部会主任
上尾信也

上尾信也

(あがりおしんや)
教授
福島和夫

福島和夫

(ふくしまかずお)
上野学園大学日本音楽史研究所所長/同研究所特任教授/音楽学部兼担
マイケル・スペンサー

マイケル・スペンサー

(まいけるすぺんさー)
客員教授
原源郎

原源郎

(はらげんろう)
客員教授
水田堯

水田堯

(みずたたかし)
客員教授
山脇秀樹

山脇秀樹

(やまわきひでき)
客員教授
田中里佳

田中里佳

(たなかりか)
准教授
櫻井利佳

櫻井利佳

(さくらいりか)
上野学園大学日本音楽史研究所講師
三枝まり

三枝まり

(さえぐさまり)
非常勤講師
杉山幸代

杉山幸代

(すぎやまゆきよ)
非常勤講師
長岡英

長岡英

(ながおかめぐみ)
非常勤講師
長谷川修

長谷川修

(はせがわおさむ)
非常勤講師
丸山洋司

丸山洋司

(まるやまひろし)
非常勤講師
三ツ木紀英

三ツ木紀英

(みつきのりえ)
非常勤講師
Page Top