高橋百合子

高橋百合子
学部/学科上野学園大学音楽学部音楽学科
職位/役職非常勤講師
氏名(ローマ字)高橋百合子(Takahashi Yuriko)
専門イギリス文学
担当科目英語Ⅰ(短期大学部:英語I)
略歴(学歴・取得学位・職歴) 津田塾大学学芸学部英文学科〔学士(文学)〕
津田塾大学大学院文学研究科前期博士課程〔修士(文学)〕
津田塾大学大学院文学研究科後期博士課程対取得満期退学
平成9~13年 津田塾大学学芸学部演習助手 
平成13年~ 東京農業大学非常勤講師(現在に至る)
平成20年~ 東京工科大学非常勤講師(現在に至る)
平成26年~ 上野学園大学音楽学部非常勤講師(非常勤講師)
平成29年~ 津田塾大学学芸学部非常勤講師(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 日本シェイクスピア協会会員
十七世紀英文学会会員
European Shakespeare Research Association会員
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■論文等
「ブラックフライアーズ関係年表」『ブラックフライアーズ研究』
(津田塾大学言語文化研究所、平成17年3月)
「王政復古期の『尺には尺を』を考える―改作とセミ・オペラ」
(津田塾大学英文学会論集、平成22年2月)
「英作文教育におけるアクティブ・ラーニング活用の実績報告」
(津田塾大学紀要特別号I、平成29年12月)

■翻訳
ピーター・ゲイ著 岩波評伝叢書『モーツァルト』
(Peter Gay, Mozart A Penguin Life, 2001)(岩波書店、平成14年5月)

■研究発表等
「1730年代後半のシィエクスピア受容におけるある女性たちの活動について」 津田塾大学言語文化研究所「文学テクストにおけるジェンダーおよび文化的アイデンティティに関する研究会」にて(平成18年12月)
「十八世紀におけるシェイクスピア受容について―ガリック登場まで」 津田塾大学言語文化研究所「文学テクストにおけるジェンダーおよび文化的アイデンティティに関する研究会」にて(平成19年12月)
「小島孤舟『響』によるシェイクスピア『アテネのタイモン』翻案について」 日本シェイクスピア協会 第56回シェイクスピア学会、
セミナー「英學史に於けるシェイクスピア(沙翁)」にて(平成29年10月) 「ロイヤル・オペラ公演、ヴェルディ『マクベス』(フィリダ・ロイド演出)、その特徴とライブ配信の可能性について」 日本シェイクスピア協会 
第57回シェイクスピア学会 セミナー「映画に見るシェイクスピアの多様性」にて (平成30年10月)
指導方針 外国語を勉強することは、コミュニケーションに役立つだけでなく、視野を広げ、知らなかった世界に足を踏み入れることです。一生懸命学べば学ぶほど、人生を豊かにしてくれるものだと思います。学生の皆さんにも、授業を通してそのことを実感してもらえるように、そして、皆さんの世界がますます広がって行くようにと願っています。

語学科目

佐野直哉

佐野直哉

(さのなおや)
准教授/学部長補佐
岩下久美子

岩下久美子

(いわしたくみこ)
非常勤講師
高橋百合子

高橋百合子

(たかはしゆりこ)
非常勤講師
山内あゆ子

山内あゆ子

(やまのうちあゆこ)
非常勤講師
吉澤早苗

吉澤早苗

(よしざわさなえ)
非常勤講師
Page Top