三宅康弘

三宅康弘
学部/学科上野学園大学短期大学部音楽科
職位/役職准教授/音楽基礎科目主任/学科長補佐
氏名(ローマ字)三宅康弘 (Miyake Yasuhiro)
専門作曲、音楽理論、ソルフェージュ
担当科目■短期大学部
作編曲法、和声法ⅠB、和声法ⅡB 、楽曲分析Ⅰ、楽曲分析Ⅱ、管弦楽法、ソルフェージュB 、基礎和声
■専攻科
音楽理論
略歴(学歴・取得学位・職歴) 国立音楽大学応用演奏学科 第1期生(音楽学士)
国立音楽大学大学院作曲(音楽理論)専攻(音楽修士)
平成13年~ 洗足学園音楽大学電子オルガンコース 非常勤講師(現在に至る)
平成14年~20年 上野学園大学短期大学部音楽科 非常勤講師
平成20年~29年 上野学園大学短期大学部音楽科 専任講師
平成27年~ 洗足学園音楽大学大学院電子オルガンコース 非常勤講師(現在に至る)
平成29年~ 上野学園大学短期大学部音楽科准教授(現在に至る)
プロフィール(学会・社会活動・コンクール等受賞) 日本現代音楽協会、日本ソルフェージュ研究協議会、日本電子キーボード音楽学会
平成5年7~8月 国立音楽大学国内外派遣奨学生として、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院に留学
平成14年 現音作曲新人賞(日本現代音楽協会主催コンクール第1位)
研究業績(著作・論文・演奏会・作曲等) ■論文
「ドビュッシー《喜びの島》のアナリーゼ-調性和声と旋法和声の関連性」(『上野学園大学・同短期大学部 創立110周年記念論文集』上野学園大学・同短期大学部、平成27年)

■執筆
「ミヤケ流 音楽の歩き方」連載(『musician』ミュージックトレード社、平成13年11月~現在)

■作曲
平成26年3月12日「線香花火―弦楽オーケストラのための」新作初演(『弦楽オーケストラ展~21世紀の弦楽の魅力』指揮:鷹羽弘晃、弦楽オーケストラ:桐朋学園大弦楽器専攻生有志、府中の森芸術劇場ウィーンホール)
平成26年6月27日「バベルの塔-電子オルガンのための」再演(『COMPOSITIONS 2014-エレクトーンのための作品コンサート』電子オルガン:柿﨑俊也、エレクトーンシティ渋谷)
平成26年10月31日「FANFARE for U」新作初演(『第27回定期演奏会』金管アンサンブル:上野学園大学短期大学部学生、石橋メモリアルホール)
平成28年2月21日「Propeller Plane-吹奏楽のための」新作初演(『第3回ウィンド・アンサンブル定期演奏会』指揮:齋藤勇二、吹奏楽:上野学園大学・同短期大学部ウィンド・アンサンブル、石橋メモリアルホール)
平成29年2月1日「バッハの名によるフーガ」再演(『FOSSH 2nd concert』木管アンサンブル:上野学園大学演奏家コース学生、渋谷l'atelier by APC)

■講演
平成25年2月11日「オランダにおけるオンデマンドとPDFデータの楽譜について~Muziek Centrum Nederlandの場合~」講師(『楽譜の未来は?』京都女子大学・深見友紀子ミュージック・ラボ)
平成25年7月18日「いろいろな楽器を分類してみる」講師(西武学園文理高等学校・総合の時間『楽器の仕組みを知り、オリジナル楽器を考える』於:上野学園大学短期大学部)
平成25年11月9日「楽器の分類法~いろいろな楽器を鳴らしながら~」講師(『草加市民のための音楽教養講座』於:上野学園大学短期大学部)
指導方針作曲家が何を考えて曲を作っているのか? 作曲家の立場になって音楽と向き合ってみることは、将来演奏家になるとしても、指導者になるとしても、プラスになることだと考えています。学生自らが考えて判断できるよう、才能を伸ばします。

音楽基礎科目

三宅康弘

三宅康弘

(みやけやすひろ)
准教授
佐藤亮子

佐藤亮子

(さとうりょうこ)
非常勤講師
Page Top
友だち追加数